イラン人が絶大なる信頼を寄せるペルシアンの老舗

0

th_Hafez_banner

Hafez  ハフェーズ

1983年創業と、すでに35年にわたって在英イラン人たちの心の拠り所となっている老舗ペルシャ料理レストラン。創業後2年目にチームに加わったヘッドシェフ、ファシッド・ジアファトさんが現在は経営を引き継ぎ、彼の親族で切り盛りしているため料理のクオリティがそのままに保たれていることが大勢のイランゆかりの人々を惹きつけてやまない理由。ファシッドさんはテヘランで父親が経営していた高級レストランでトップシェフに付いて修業を積んだ、ロンドンでも指折りのイラン人シェフなのです。

デコレーション

とても居心地いいお店です♪

インテリアはモダンとトラディショナルの間を行き来する絶妙のバランスが心地よく、サービスも◎。郷愁を感じさせるアットホームな中東レストラン風インテリアの中で、ひときわ個性的な輝きを放ちコンテンポラリーな彩りを添えているのはイラン人デザイナーのアリ・シアヴォシさんによるユニークなランプ・シェードたち! アリさんは台所用品やテーブルの脚といった日用品を再利用した照明デザインを得意としていて、中でもスプーンやフォークを使ったシェードは現代アートとも呼びたくなる作品。ぜひぜひこのレストランに来たらチェックしてください。

自家製のフラット・ブレッドはぜひ! 興味を示したらキッチンの窯を見せてくれました♡(左下)

自家製のフラット・ブレッドはぜひ! 興味を示したらキッチンの窯を見せてくれました♡(左下)

さて、イラン料理といえば、中東料理の中でも日本人の舌にも合うスパイス・ハーブ遣いで知られます。ロンドン市内のイラン料理レストランはこれまでに何軒も試したことはありますが、当店はその中でもトップクラスの美味しさだと感じました^^

いくつか冷菜を選ぶと、こんな木の器に入れてくれます♪ イランでよく使うハーブの盛り合わせも美しい。

いくつか冷菜を選ぶと、こんな木の器に入れてくれます♪ イランでよく使うハーブの盛り合わせも美しい。

スターターとしておすすめなのは冷菜をいくつか選んで、フレッシュな生地をタンドーリ窯のような窯でどんどん焼いていく特製の自家製ラヴァッシュ・ブレッドといただくこと。例えば中東料理によくある焼きナスのペースト、ババガヌーシュ。イランのものはクミンとコリアンダーが加わります。チキン・卵・ポテトをマヨネーズ・ソースで和えた冷菜なども食べ応えがあっておすすめ。こういった冷菜を頼むと、おそらく自動的に添えられてくるのがハーブをふんだんに盛り合わせた薬味プレート♪  ミントをはじめ、イランでよく食べられるハーブに加えて、クルミ、フェタ・チーズ、ネギなどと一緒に、イランのフラット・ブレッドを添えて冷菜をいただいていると、気持ちは遙かなるペルシャへと、ひとっ飛び^^

イラン料理にはもちろん肉のグリルがあって美味しいのですが(たっぷりのサフランライスと一緒にいただきます)、真髄はどうもホレシュトと呼ばれる煮込み料理にあると感じました。例えば代表的なものとしてはザクロとクルミのソースで煮込むシチュウ(フェセンジャーン)があり、当店ではチキンの煮込み料理として名物化していて、甘酢っぱさで知られるこの料理の甘さにフォーカスしているところが日本人の舌にぴったり♡ その他、サフラン、サンドライ・ライム入りのシチュウも見逃せません。

左はラム肉入りのシチュウ。右下がチキンの

左はラム肉入りのシチュウ。右下はラムのハーブ煮込みだったと思うのですが、 同行者の詳しい方に注文をお任せしたためはっきり覚えてない! すみません・・・ 右上はアリさんのデザインによるランプ。

こちらは

左下がチキンのフェセンジャーン。甘やかで美味しく煮込まれています。右はラム・ケバブ。

イラン料理で一番弱いと感じるのはデザートです^^;   いくつかのイラン料理レストランを試した中で、これまで揚げ物系で日本人の舌に合うと感じるものに出会ったことはないので、無難にアイスクリームで締めることをおすすめします! サフラン・アイスクリームがあれば、ぜひ。間違ってもローズウォーターとバーミチェリのシャーベットに行かないでください〜・・・でもでも、経験として一つくらいシェアしてみても・・いいかもしれません ^^;

小麦粉の揚げ菓子シロップがけ「ジャレビ」は、日本人の口にはあまり合わないかも・・・

小麦粉の揚げ菓子シロップがけ「ジャレビ」は、日本人の口にはあまり合わないかも・・・手前にあるバクラヴァがせめてもの救いw

トイレの芳香剤のような香りのシャーベット、しかもヴァーミチェリ入り。口に合わないかもーーー汗

トイレの芳香剤のような香りのシャーベット、しかもヴァーミチェリ入り。口に合わないかもーーー汗

デザートはさておき・・お料理は本当に美味しいです! ベイズウォーター付近でお腹がすいたら、ぜひ♪

5 Hereford Road, London W2 4AB

店名Hafez
最寄り駅Bayswater / Queensway
住所5 Hereford Road, London W2 4AB
電話番号020 7221 3167 / 020 7229 9398
営業時間月〜金 12:00 – 23:00
URLhttps://hafezrestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す