フェミニンなブリティッシュ小皿は・・・カリフォルニアの香り

0

th_Lupins_banner

Lupins  ルーピンズ

ゆるりゆるりと、しかし着実に再開発が進んでいるバンクサイドで目玉となるマーケット、Flat Iron Squareの中に位置している小さなブリティッシュ小皿の店。2人の素敵な女性シェフが2017年春に始めた食の冒険をのぞいてみましょう♪

1階はカウンター席とオープン・キッチンのみの活気ある空間。その日の気分でふらりと立ち寄りたいフーディーたちのお気に入りです。

いつも埋まってる1階カウンター席

いつも埋まってる1階カウンター席。右はUnion St側の外観

フラット・アイロン・スクエア側からの眺め

フラット・アイアン・スクエア側の入り口

そして2階はカジュアルなダイニング・スペース。シンプルでカフェに毛が生えたような雰囲気だけれど、座ってみると意外と落ち着くテーブル席^^  この日は女子会で盛り上がり、ついついいちばん最後まで残ってしまいました。

こちらが2階席。カフェみたいだけど居心地良いです♪

こちらが2階席。カフェみたいだけど居心地良いです♪

2人の共同オーナーシェフは共にイギリス人。ロンドン市内のあるレストランの厨房で出会い、意気投合。その後、食をもっと知りたいと偶然にもカリフォルニアに別々に滞在した経験から、かの地の陽光の下に育った生き生きとした食材や料理にインスピレーションを受けることになります。そこから「英国産食材でカリフォルニアの光を採り入れた料理を作る」というコンセプトに行き着いたのだとか。

右はラム入りサモサ、右がジューシーなピーチのブルスケッタ。ちょっと夏っぽいメニューですが・・ ^^;

右はラム入りサモサ、左がジューシーなピーチのブルスケッタ。ちょっと夏っぽいメニューですが・・ ^^;

スプリング・オニオンにコーンミールをまぶして揚げた一品はここの名物の一つ。左は白身魚の料理。美味しいです!

スプリング・オニオンにコーンミールをまぶして揚げた一品はここの名物の一つ。左は白身魚の料理。美味しいです!

女性が作る料理だから・・・と言うと差別的な言い方と取られるかもしれませんが、私たちがいただいたお料理はどれも、まさに「女性ならではの味覚が生かされた」とあえて表現したくなる、女子が好きそうな味わいであり、仕上がりでした。何をもって「女性らしい」と表現するかと言うと、味のセンスやプレゼンテーションが、なんと言うか女性的なんです^^;  女性が好きな食材の例として日本では「イモ・タコ・ナンキン」とよく言われますが、そんな感じの味ベースがある、と言えばいいでしょうか? 例えばそれは、完熟ピーチのグリルとソフト・チーズの組み合わせや、ラム入りサモサに添えられたソースがフルーツ・ベースの甘酸っぱい味だったり、コーンミールをまぶして揚げたスプリング・オニオン(!)にチポトレ・マヨをつけていただく楽しさだったり、白味魚のグリルに添えられた薬味がやはりフルーツの甘みをベースにしたものだったり。

ラムのシチュウはハートにほっこり染み入る味♡ レモン・ポセットも美味しいです

ラムのシチュウはハートにほっこり染み入る味♡ レモン・ポセットも美味しいです

一方で、ウェールズ産ラム肉のシチュウは伝統的な英国料理ですが付け合わせは柔らかポレンタ。味付けも隅々までシェフの味利きがゆきとどいたとても滑らかな仕上がりです。デザートはレモン・ポセットのショートブレッド添えをシェアし、こちらも非常にブリティッシュで美味しくいただきました。

ここまで書いてきて、どこがカリフォルニア的なんだろう?とふと思いましたが、フルーツを多用しているところなのかも ^^  味はもとより、量やお値段まで全般的にとても深く満足しましたので、ぜひまたリピートしたいと思いました・・・色々な方にお勧めしたい、お気に入りのお店になった、と言ってもいいと思います。ルピナス、かなりいいです!

66 Union Street, London SE1 1TD

店名Lupins
最寄り駅London Bridge / Southwark
住所66 Union Street, London SE1 1TD
電話番号020 3908 5888
営業時間月〜土 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:00
URLhttps://www.lupinslondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す