鳥料理に一家言あるトルコ街のスター・レストラン

0

th_Cirrik_banner

Cirrik  ジリック

ダルストンと言えばトルコ料理レストランの強豪が揃い踏みする北の横綱地区。目抜き通りとなるStoke Newington Road沿いには地元の人それぞれにお気に入りレストランがあると思うのですが、中でもCirrikは伝統的なテイストを上手に取り入れた飾らないインテリアと、炭火焼ケバブの美味しさに定評があるレストランで、特にトレンドに敏感なおしゃれロンドナーたちの間で評判がいいようです。確かにイスタンブールにある気取らない味勝負の定食屋さんといった佇まいを感じます。

ウッディな温かみがあり、清潔感も漂う店内。このこぢんまり感も人気の秘密。

ウッディな温かみがあり、清潔感も漂う店内。このこぢんまり感も人気の秘密。

店の奥にグリルがあるのですが、煙くない

店の左奥にグリルがあるのですが、煙くない

まずは冷菜の盛り合わせから。写真は「Mixed Meze for 2」で7.50ポンド。日本人なら3、4人でちょうど良い量です。同じく炭火焼のミックス・ケバブfor 1 personはラムやチキンの大盛りが17.50ポンドで、こちらも複数人数でシェアするのに最適。

メゼ盛り合わせ二人前。3人でもちょうどいい量♪

メゼ盛り合わせ二人前。3人でもちょうどいい量♪

ボリュームも焼き加減も完璧! ケバブを頼むと薬味がいっぱい付いてくるのも嬉しい♪ べスト・ケバブとの呼び声も高い職人フード。

ボリュームも焼き加減も完璧! ケバブを頼むと薬味がいっぱい付いてくるのも嬉しい♪ べスト・ケバブとの呼び声も高い職人フード。

そしてミンチ肉をフラットブレッドで包んで焼いたものをスライスし、トマト・ソース、ヨーグルト・ソースと一緒にいただくベイティ・ケバブ「Et / Tavuk Beyti Yogurtle」はマスト!  私たちは鶏ミンチのTavukの方を選び、ほどよくスパイスと塩で味付けされたベイティをヨーグルトでさっぱりといただき、本当に美味しかったです。

ベイティ・・・これからトルコ料理屋さんに来たときの定番になりそう♡

ベイティ・・・これからトルコ料理屋さんに来たときの定番になりそう♡

ウェブサイトを見るとCirrikというのは、南東トルコで見られる鳥の種類だとかで、調理して食べるととても繊細なお味なのだとか。Cirrikのグリルは南部アダナ地方の名物となったのですが、中でもあるマスター・シェフがその鳥を調理すると格別に美味しく、彼のところに狩りで仕留めたCirrikを持ち込むハンターが後を絶ちません。しかも、その鳥の調理代を、ハンター達には決して請求しなかったとか。

このマスター・シェフは自分の店で何人かの弟子を取り、彼と同様のケバブを焼くことができる職人を育てました。その中の何人かがトルコ料理レストランを開くことを夢見てロンドンに渡ります。数年後、国からマスター・シェフの訃報が届き・・・。そこで有志が集まり、彼の料理を継ぐトルコ料理レストランとして、Cirrikが産声をあげたのだそうです ^^

最後に「もしもハックニー・フィールドあたりでCirrikを見つけて捕まえたら、喜んで無料で調理しますよ」と締めてあるところが、なんともニクいですね^^  当レストランは本場トルコのマスター・シェフの技を受け継ぐ職人が切り盛りしているということですね。

雰囲気も良く味も良いCirrik。機会あればぜひ他のトルコ料理レストランと比べてみてください。

34 Stoke Newington Road, London N16 7XJ

店名Cirrik
最寄り駅Dalston Kingsland / Dalston Junction
住所34 Stoke Newington Road, London N16 7XJ
電話番号020 7249 0400
営業時間毎日 12:00 – 00:00
URLhttp://www.cirrik.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す