お魚シェフの麗しきリバーサイド・レストラン

0

th_Rick Stein Barns_banner

Rick Stein, Barns  リック・ステイン  バーンズ

テレビでもおなじみ、コーンウォールを拠点として活躍するセレブシェフ、“シーフードマン” のリック・ステインさんがロンドンに進出! 2017年春にオープンしています。彼が選んだロケーションはテムズ川沿い ^^  しかもシティ・ビューではなく、牧歌的風景を楽しめる南西ロンドンのテムズ。川沿いのテラスが特等席で、ここから上の写真のようなリバーサイド・ビューを満喫することができます♪

Barnesはリッチモンドと並んで伝統的に文化人に愛される美しいエリアです。BarnesからMortlakeへと続く川沿いの通り、The Terrace、Mortlake High Streetは風光明媚な景観を楽しめ、散歩にはもってこい。ウォーキングのついでにリックさんが創りあげた自慢のロンドン・レストランに立ち寄ってみましょう^^

広々としたレストランで、まるでちょっとしたカントリーサイドにやって来た錯覚に・・

広々としたレストランで、まるでちょっとしたカントリーサイドにやって来た錯覚に・・

植物とミラーをたくさん配したラスティックなインテリア。

植物とミラーをたくさん配したラスティックなインテリア。

店内は2つの空間- バーのあるオープン・スペースと、植物のグリーンが瑞々しい居心地の良いダイニング・スペース- に分かれています。川沿いにはテラス席が設けられ、ここからテムズ川を望む最高の眺めを楽しめるので、予約時にはなるべくwindow tableをリクエストしてみてくださいね。

平日のお昼は2コースで20ポンドのお得なランチ・セットがあり、この日はそちらをいただきました。メニューはスターター、メインともに3、4種類から選べるのも嬉しいところ。バターナットスクアッシュのスープはチーズがたっぷり入って濃厚な満足感あり。塩加減もちょうどよかったです。お友達が頼んだグリルされたイワシの開きを少しだけいただいたのですが、丁寧にトリミングされ、イギリス国内でこれまでに食したどのイワシよりも新鮮だと思えたほどフレッシュでした。

優しい味のスープはチーズが決め手。

優しい味のスープはチーズが決め手。

イワシの開きをグリルに♡新鮮♪

イワシの開きをグリルに♡新鮮♪

メイン・コースにはクラシックにタラのソテー+マッシュポテト! まろやかなトマト・ソースが全体をまとめていて、魚の新鮮さ、マッシュポテトの美味しさと素敵なハーモニーを奏で、久しぶりに美味しいシンプルな魚料理を堪能した午後となりました。

タラも焼き加減がドンピシャ。幸せなお皿♪

タラも焼き加減がドンピシャ。幸せなお皿♪

こちらはお友達のメイン、ラビオリとキノコ。食べさせていただいたのですが、すごーーく美味しかった! リックさん、ベジタリアン料理もお上手。

こちらはお友達のメイン、ラビオリとキノコ。食べさせていただいたのですが、すごーーく美味しかった! リックさん、ベジタリアン料理もお上手。左の写真をご覧ください。ここは本当にロンドン?笑

テレビで観るだけで、リックさんのレストラン遠いな〜と思っていたところ、こうしてロンドンでも彼の監修した料理をいただけるようになったとは有難い世の中になりました。この日にいただいた全てのお料理は奇を衒わない伝統的なものばかり。だからこそ素材の品質と調理法、シェフの腕が大いに問われるのだと思います。 残念ながらデザートを試す時間がなかったのですが、次回のお楽しみに^^

右上はサイドでいただいたカーボロネロ。右下は壁にかかっていたオリジナルの絵画。リックさんのレストラン帝国に捧げられたもの?

右上はサイドでいただいたカーボロネロ。右下は壁にかかっていたオリジナルの絵画。リックさんのレストラン帝国に捧げられたもの?

リックさんは90年代からお茶の間やレシピ本執筆で活躍されている国民的な人気者。北コーンウォールのペドストウにある最初のレストラン「ザ・シーフード・レストラン」は1975年のオープンで、ずーっと新鮮な魚を調理することだけに専念してきたこの地方の名所です。リックさんはこういった長年の功績を称えられ、2017年にCBE勲章を授与されました。

テムズの川沿いでトップクラスの魚料理をいただける歓びが、ここにあります。きっと日本人の皆さんになら、その価値を十分にお分かりいただけると思います。

Tideway Yard, 125 Mortlake High Street, Barnes, London SW14 8SN

店名Rick Stein, Barns
最寄り駅Barnes Bridge
住所Tideway Yard, 125 Mortlake High Street, Barnes, London SW14 8SN
電話番号020 8878 9462
営業時間毎日 12:00 – 22:00
URLhttps://www.rickstein.com/eat-with-us/barnes/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す