ジャパニーズ・フュージョンでお洒落バンズを食べよう

0

th_Flesh and Buns_Fitzrovia_banner

Flesh & Buns Fitzrovia  フレッシュ&バンズ  フィッツロヴィア

コベント・ガーデンで大人気の日本食フュージョン、フレッシュ&バンズの2号店。2013年に1号店をオープンしてから5年、昨年夏にフィッツロヴィアに登場しています。今ではラーメン・ブームの先駆けとなったボーン・ダディーズの生みの親として有名ですが、そこと同じく日本食の独自解釈で知られるオーストラリア人オーナー・シェフ、ロス・ションハンさんが手がけるロンドンらしいトレンディ店です。

居酒屋をコンセプトにした1号店のアングラな雰囲気とは打って変わって、フィッツロヴィア店はグラマラスなバー感を満載にして個性を出しています。もともとNobuやZumaといった高級店でヘッドシェフを務めていたロスさん。つい最近はドバイにオープンしたマンダリン・オリエンタル内の日本風ステーキハウスを監修するなど、ラグジュアリーにも精通したロスさんにとっては、おなじみのコンセプトに戻っただけなのかもしれません。

左は野菜巻き。ここの巻き寿司は日本のものとは全く違うフュージョン巻きですが、私は結構好きです ^^  右はカクテルを作ってくれるお兄さんのフロア・サービス。高級ホテルのようなサービスはエンターテインメント性が強いですね。

左は野菜巻き。ここの巻き寿司は日本のものとは全く違うフュージョンですが、私は結構好きです ^^ 右はお兄さんがカクテルを作ってくれるフロア・サービス。高級ホテルのようなサービスを取り入れてエンターテインメント性を高めています。

小さなスターター/サイド料理も美味しく仕上がっています。

小さなスターター/サイド料理も美味しく仕上がっています☆

コベント・ガーデン店とは雰囲気が全く違うので一瞬戸惑うのですが、メニューは少しずつ違うものの、ほぼ同じ路線。スターターからソツなく調理された野菜や刺身、寿司をいくつか選んだら、さぁ、お目当てのバンズにお進みください^^

ウサギ肉のカツ(!)、ポーク・ベリー、サーモン照り焼き、和牛ステーキなどがある中で、この日はナスとダックにしてみました♪

味噌ナスのバンズ! それぞれのグリルに合うピクルスがついてきます♪ こちらは人参のピクルス。

味噌ナスのバンズ! それぞれのグリルに合うピクルスがついてきます♪ こちらは人参のピクルスで。

ダック・レッグは中華風の甘味噌で。バンズは別注文となりますが、2つは軽くペロリと食べられます ^^

ダック・レッグは中華風の甘味噌で。バンズは別注文となりますが、2つは軽くペロリと食べられます ^^ ちなみに飲み物ですが、アルコール類は全般的に高め設定。食事自体はロンドン・スタンダードでは中間価格なので、アルコールをたくさん飲まれる方には少し高めになるかもしれません。

スタッフの方がほぐしてくれるのは中華レストランと同じ〜

スタッフの方がほぐしてくれるのは中華レストランと同じ〜。キュウリのピクルスとシソの薬味は別注文ですが、ある方が断然美味しいバンズを作れます。

ナスは上にのっている甘辛な味噌ソースもちょうどよいお味で熱々ジューシー+食べ応えあり。ダックも予想通りの美味しさではあったのですが、以前、1号店でいただいたポーク・ベリーとサーモンが格段に美味しすぎて・・・やはり次回はポーク・ベリーに戻ろうと思った次第です^^;  ここは炭火焼きでグリルしているはずなので、素材がよければほぼ何を頼んでもジューシーな旨みを堪能できると思います。

今回メニューを見ていて気づいたのですが、フィッツロヴィア店ではコベント・ガーデン店にはない「Smoker」というカテゴリーがあり、スモークで調理したお肉や野菜を出しているようです。香りのある木のチップでスモークして風味をつける調理法は近年、ロンドンのレストランでも大流行り。スモーキーなフレーバーが食欲をそそりますので、今度はこちらを試してみてもいいのかもしれません^^

さて、フレッシュ&バンズといえば絶対にデザート腹を残しておいてください!

きなこドーナッツ! 黒糖カスタードが絶品♡  右上はフレッシュ・ミント・ティーですが、小さめの湯呑みに入ってきて、お湯のトップアップはなし。別注文になりマス ^^;

きなこドーナッツ! 黒糖カスタードが絶品♡ 右上はフレッシュ・ミント・ティーですが、小さめの湯呑みに入ってきて、お湯のトップアップはなし。2杯目は別注文になりマス ^^;

この日はコベント・ガーデン店にもある、きなこドーナッツをシェア。黒糖カスタードは上品な甘さで外側はサクサク♪   他にもミロのソフトクリームが添えられたヌテラ味のクロワッサンたい焼きや(←書いていてもイメージが難しいのですがw)、直火で温めていただくマシュマロ・サンドなど、たくさんの興味深いデザートがあります。が、デザート・メニューを見比べる限り、コベント・ガーデン店の方がデザートは充実しているようなので、甘党さんは、まずはコベント・ガーデンへ! ^^

ちょっと大人の雰囲気のフィッツロヴィア店。デートやビジネス会食には特におすすめです。

32 Berners Street, London W1T 3LR

店名Flesh & Buns Fitzrovia
最寄り駅Goodge Street / Oxford Circus
住所32 Berners Street, London W1T 3LR
電話番号020 3019 3492
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 17:00 – 23:00(月は22:00まで) 土 12:00 – 23:00 日 12:00 – 21:30
URLhttps://www.fleshandbuns.com/restaurant/flesh-and-buns-fitzrovia/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す