ニューヨークのカルト点心がやってきた

0

th_RedFarm_banner

RedFarm  レッドファーム

コベント・ガーデンに新しく登場しているレストラン紹介の続き♪   こちらは昨年オープンしたばかりのチャイニーズ・レストランで、創業はニューヨーク。遊び心あふれる点心を作るマスター職人のジョー・ンさんと、敏腕レストラン事業家として知られるエド・スコーエンフェルドさんがタッグを組んで誕生したレッドファームは、ニューヨークではすでに2店舗を構える人気店のようですね。

ウェブサイトを見ると「greenmarket sustainability」という言葉が理念として使われています。定義ははっきりとわからないのですが、言葉から想像するに「小規模農家から直送される(グリーンマーケット)サステナブルな農産物を使ったレストラン」ということでしょうか。

左は突き出しのピクルス類。良いお味♪

左は突き出しのピクルス類。良いお味♪

インテリアは非常にモダンで、かつカントリー風の演出も。伝統的な庶民の店とも高級店とも一線を画したカジュアルでポップな印象です。「グリーンマーケット」を意識してかデコレーションには植物を多用し、客層もかなり若いです。先日前を通ったら平日の昼間にもかかわらず行列らしきものもできていて、その人気ぶりに二度驚きました。ロンドナーたちにも受け入れられ、定着している証拠でしょうか。

左:Pac Man Shrimp Dumplings。右はなんだったか忘れたー! 

左:Pac Man Shrimp Dumplings。右はなんだったか忘れたー! 季節によって点心メニューも変わるそうです

シグニチャーはなんと言っても点心類です。パックマンがモンスターを食べているかのような「Pac Man Shrimp Dumplings」や、串でさしてロリポップ風にした「Chicken Lollipops」、巨大な小龍包のスープをストローですする「Pork & Crab Soup Dumplings」などなど、工夫や楽しさでは群を抜いています。

Images from the restaurant's Instagram  右上がPork & Crab Soup Dumplings。擬人化したり、形を工夫したりした点心が楽しい♡

Images from the restaurant’s Instagram。お店のインスタグラムから拝借したお写真。
右上がPork & Crab Soup Dumplings。擬人化した点心が楽しい♡

右はBBQポーク・リブだったと思います。柔らかくて美味しい!

右はBBQポーク・リブだったと思います。柔らかくて美味しい!

主菜メニューのシグニチャーはエビを詰めたクリスピー・チキン。その他にも他の中華料理屋さんでは決していただけない料理の数々がたくさん載っています。私たちはそんな有名店だという認識なくきたので、シグニチャーをあまりいただけなかったのですが、皆さんはぜひ!

本日のスぺシャルだった魚介のカレー(左)と、右はグリーンです。

本日のスぺシャルだった魚介のカレー(左)と、チャイニーズ・ブロッコリーときのこ。

味は間違いなく美味しいと思います。お値段はそれなりに強気の設定で、点心類が10ポンド前後、主菜は20〜36ポンド。できれば3〜4名くらいで訪れていろいろシェアできるといいと思います。セット・メニューは11:45〜18:00までで3コース+ワンドリンク=22.50ポンドと大変お得。また日曜日には40ポンドで食べ放題ブランチ/ランチをやっているので、こちらは全体のお値段を考えるとかなりお得なのではと思います^^ (60ポンドでアルコールもボトムレスに!)

他では味わえないメニューがたくさんあるレッドファーム。新しもの好きの皆さんは、一度試して見てくださいね。

9 Russell Street, London WC2B 5HZ

店名RedFarm
最寄り駅Covent Garden
住所9 Russell Street, London WC2B 5HZ
電話番号020 3883 9093
営業時間月〜 木 1 1:45 – 15:00 / 17:00 – 22:30 金 11:45 – 15:30 / 17:00 – 23:00 土 11:45 – 16:00 / 16:45 – 23:00 日・祝 11:45 – 16:00 / 16:45 – 21:30
URLhttps://www.redfarmldn.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す