ロンドンらしい感動のビルマ料理

0

th_Laphet_bannerLahpet ラぺット

ロンドンにどのくらいのビルマ/ミャンマー料理レストランがあるのか把握していないのですが、2017年にハックニーで産声をあげ、昨年夏にショーディッチに引っ越してきたLahpetのウェブサイトを見ると、Lahpetがほとんど初めての本格ビルマ料理レストランだと書いてあります。

ビルマ料理、一体どんな料理なのでしょう!? 私も生まれて初めてで、ちょっぴりワクワクしながら足を運びました^^ (公式サイトではBurmese Cuisineと書いてあるので、ビルマ料理としますね。)

近代的なビルの1階。

近代的なビルの1階。

ロケーションはShoreditch High Streetのすぐ近く、トレンディなレストランやショップがたくさん並んでいるエリアの新しいビルの1階です。インテリアのセンスが素晴らしかった。東南アジアというテーマと現代性を上手に掛け合わせ、たいへん居心地のいい空間を創り上げています。爽やかな涼感を感じさせる淡いカラー・スキーム、南国風の植物のイメージ、シンプルな幾何学パターン。早い時間からお客さんで賑わっていて、そのざわめきとインテリアがロンドンらしいハーモニーを奏でている・・・そんな感じです。

この写真から、ここの心地よい雰囲気を感じていただくのは難しいかも ><

この写真から、ここの心地よい雰囲気を感じていただくのは難しいかも ><

ミャンマーはバングラデシュやインドと国境を接していることから、東南アジア的な料理だけでなく、ちょっぴりインド風の味も取り入れられていると感じました。ミャンマーっぽい料理なのかなと思ったのは、干しエビとチリのダンプリング。シャロットのビネガー・ソースでいただくのですが、モチモチの皮と濃厚な餡がマッチしていて美味しい。おつまみにピッタリ。そしてインドのパラタ風のスナックもありました。黄色い豆の粉から作るパラタのようで、これが個人的にはツボw 次回は一皿を独り占めしたいと思った次第です^^

Barachaung Dumprings

モチっとした食感がいいBarachaung Dumprings

右がイエローピーで作ってあるパラタ。うまく文字で表現できませんが、たいへん美味しかったです♪ 左下はサイド・ディッシュの欄にあった

右がイエローピーで作ってあるパラタ。うまく文字で表現できませんが、たいへん美味しかったです♪   左下はサイド・ディッシュの欄にあった季節のグリーン。かぼちゃピュレが決め手!! 5.5ポンドでこのクオリティのサイドは感動的。

ここは野菜料理も麺類もカレー類も全て味がとてもよく、食事をした4名全員が感銘を受けていました。そしてみんなびっくりしていたのは、「Shan Noodle」と呼ばれるミャンマー伝統のポーク&チキンのピリ辛ひき肉ライス・ヌードル。ソースはトマト味だったのですが、味はほとんどイタリアのボロネーゼでした ^^   比較ができず恐縮ですが、おそらく当店だけの味付け。ライス・ヌードルやピーナッツといただく濃厚なボロネーゼ・ソースは格別。コクがあって、ピリ辛で・・・病みつきになるとはこのことです^^  みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

ビルマ風ボロネーゼ!? ライス・ヌードルと濃厚ボロネーゼ・ソースの幸せな出会い♡

ビルマ風ボロネーゼ!? ライス・ヌードルと濃厚ボロネーゼの幸せな出会い♡

左がナス料理、右がキング・プロウンのカレー!

左がナス料理、右がキング・プロウンのカレー!

大海老のカレーを頼んだら・・・びっくりするほど大きなプリプリの海老が美しくプレゼンテーションされていて嬉しくなっただけでなく、ソースの味も完璧。ナス料理も干しエビのコクとマッシュルーム、スイートコーンなどが見事にマッチしたソースで満ち足りた気持ちになりました。とにかく副菜としていただいた野菜料理まで全てが日本人にとってちょうどいい旨味・辛さ加減なのです。絶対にまたリピートしたいと思っています♪

キャッサバのケーキはまぁ、普通でした ^^  自家製アイス美味しいですよ!

キャッサバのケーキはまぁ、普通でした ^^ ルバーブを添えているところがイギリス人に媚びていてニクいww   自家製アイス美味しいですよ!

デザートにはキャッサバのケーキと、レモン&ジンジャーのアイスクリームを1スクープ。 こちらも問題なく美味しく完食。サービスもフレンドリーで、言うことなしのディナーでした。

ラペットでいただける料理が、本場の料理と似ているのかどうかは私には判断つかないのですが、オーナーさん、ヘッドシェフともにミャンマーにゆかりの方だそうです。ロンドンっ子に好まれるような工夫がされているにせよ、ともかくビルマ料理に俄然興味が湧いてきた食体験だったことは、間違いないと思います。

58 Bethnal Green Road, London E1 6JW

店名Lahpet
最寄り駅Shoreditch High Street / Old Street
住所58 Bethnal Green Road, London E1 6JW
電話番号020 3883 5629
営業時間月〜水 17:30 – 22:00 木 12:00 – 15:00 / 17:30 – 23:00 金・土 12:00 – 23:00 日 12:00 – 21:00
URLhttps://lahpet.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す