受け継がれるパレスチナの灯

0

th_Maramia Cafe_banner

Maramia Cafe  マラミア・カフェ

およそ20年にわたって西ロンドンで営業を続けているパレスチナ料理レストラン。アラブ文化圏のパレスチナ家庭料理をいただくことができます^^  中東系の料理に目がなく、いろいろなお店を試している私ですが、パレスチナ料理はこれで2度目くらい。他のジャンルともちろん似ているし、使っている材料も似ているのですが、出来上がったものを見ると・・・何かが少しずつ違う、そんな印象を受けた食事でした。トルコやギリシャの料理にはない、ピリ辛感もあったかな。

お隣にはトレンディなフラット・アイロンがあって、大変賑わっていました ^^

懐かしい感じの店構え。お隣にはトレンディなフラット・アイロンがあって、大変賑わっていました ^^

インテリアも誠実か

インテリアも昔懐かし。ロンドンのレストランってどこも昔はこんな感じだった。

ロケーションはちょうどノッティング・ヒルの北側に位置する繁華街、Golborne Road。ノッティング・ヒル・ゲート駅からずうっと伸びているポートベロー・ロードが、ようやく終わるあたりですね。最近ではこの界隈をノース・ケンジントンと呼ぶみたいですが、これはきっと不動産屋さんが付けた下心ありの名称なのかも^^

古くから続くご近所たちのための飲食店と、近年になって登場したトレンディなお店がミックスされた様子はまさに今のロンドンの縮図。センスを感じるアンティーク屋さんやインテリア・ショップ、雑貨屋さんなどがあり、なかなか興味深いエリアなのであります。ブラ歩きにぴったり♪   買い物に疲れたら、さぁパレスチナ・カフェでエキゾチックな食事はいかが?

右がガザ・サラダ(だったと思う)

右がガザ・サラダ(だったと思う)

例えばガザ・サラダというのをお願いすると、タヒーニが入ったレモン風味のソースでさっぱりといただくトマトのダイス・サラダだったり、トルコ料理やギリシャ料理などでよく見るファヴァ・ビーンズのペーストが「Foul Medammes」と呼ばれ、グリーン・チリとガーリックのパンチが効いていて驚かされたり。いずれにせよ、パレスチナのフラット・ブレッドと一緒にいただくととても美味しいのです。

右上がキベ。右下がファヴァ・ビーンズのペースト。ピリ辛!

右上がキベ。右下がファヴァ・ビーンズのペースト。ピリ辛!

中東地域で一様にキベと呼ばれているラム肉のお団子も好物なのですが、このお店の「Kibbeh Maklieh」はこれまでいただいた中でもトップ3に入る美味しさでした。2名でこれらの前菜にパクついていると、軽めと思ったおつまみもパンと一緒にお腹に溜まっていきます。でも、名物の一つであるグリル・チキンはぜひ、メイン・コースで試してみてください!

これがウワサの炭火焼チキン!

これがウワサの炭火焼チキン! ハーフです。

ハーブ、スマック、サフラン、タイム、ガーリックやチリなどが入ったヨーグルトでマリネしたチキンは、ありきたりの表現ですが炭火焼きだけあり、とっても柔らかくてジューシー♪   ハーフかホールか大きさを選べ、ハーフでもボリュームたっぷり。ちょうど良い味付けでどんどんいただけてしまいます。シェアするのにちょうどよい分量でした。おすすめ!

トルコの定番菓子、キュネフェ。チーズを細い麺で包んで揚げているボリューミーなデザートなのだけど、パレスチナ版はシロップ漬けだった!

トルコの定番菓子、キュネフェに似たもの。チーズを細い麺で包んで揚げているボリューミーなデザートなのだけど、パレスチナ版は赤いシロップ漬けだった!

デザートにはなんとトルコ料理の定番、キュネフェがあったのですが、なぜか真っ赤っか! 「どうして赤いの?」とウェイターさんに聞いてみたものの、答えは得られず。あとでネットで調べてみたけれど、やはりわからず。どなたかぜひ、行かれたらもう一度尋ねてみてくださいね。サフランかなぁと思ったりもするのですが。

あああ

平日夜でもご近所さんで賑わっていましたよ。

20年近く愛され続けている理由がわかる、シンプルで誠実な料理を出すお店。そんなマラミア・カフェで、パレスチナの家庭料理をお楽しみください♡

48 Golborne Road, London W10 5PR

店名Maramia Cafe
最寄り駅Westbourne Park / Ladbroke Grove
住所48 Golborne Road, London W10 5PR
電話番号020 3181 0030
営業時間日〜木 10:00 – 22:00 金・土 10:00 – 00:00
URLhttp://www.maramia.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す