アマゾン地域のカラフルなペルー・キュイジーヌ♪

0

Pisqu  ピスク

奇しくもモダン・ペルー料理の火付け役となった人気店「Lima」がある通りに、2016年秋に参入してきたカジュアルなペルー料理レストラン。

でもちょっと違うのは、こちらのお店はペルーでもアマゾナス地方の料理を意識していること。アマゾナスは大半が熱帯雨林に覆われている州で、アマゾン川を中心に河川もたくさんあります。豊かな自然に育まれた大地と海川の幸を、上手に生かしているのがご当地料理と言っていいのでしょう。

創業当初からピスクの変わらぬ味を守っているのは、ヘッドシェフでアマゾナス出身のウィリアム・オーティスさん。ときどきキッチンから出てきてはお客さんと交流している姿がとても微笑ましく好ましく。自分の料理を食べたお客さんの反応を目と感覚で確かめるというのは、とても大切なことですよね。

とってもカラフルなお料理!

さて、お料理はサヴォイやドーチェスター、バークレーといったそうそうたる5つ星ホテルのキッチンで経験を積んだウィリアムさんの腕がいかんなく発揮されており、伝統のペルー料理と現代的センスがうまく溶け合っています。前菜にはホタテのセビーチェとアボカドのサラダ、タコのマリネなどをいただきましたが、どちらも味よくさっぱりとした仕上がり。何より、カラフルな色合いが目を引きます^^

グリルしたエビがたくさんトッピングされたリゾット♪ 拍子木にされたキャッサバ・フライ大好き!(3本だけ??)

ペルー風チキン! 日本人が好きそうな味付け☆ 付け合わせは南米原産穀類のキヌア。ヘルシー!

ポークベリー、柔らかく味よく、満足度の高い一品。白いものはジャイアント・コーンです! 左は野菜炒め。ピリ辛で旨い。

主菜として、アマゾンのパープル・ポテト、アヒ・ミラソル・ソース(イエローチリペッパー)で作るエビのリゾット、ペルー風チキン、ポーク・ベリーなどを注文。主菜は本当にどれも丁寧に調理され美味しくて、シェアするとバラエティに富んだ味を楽しめてとてもおすすめです。

サイドにキャッサバのフライや野菜炒め(旨!)を頼んだのですが、キャッサバ・フライは3本のってやって来たけど・・あとで周りを見ると他のテーブルは4本のっていたので、シェフが1本のせ忘れたのですかね^^;   キャッサバ・フライは大好きで、当店も美味しかったので、ちょっと残念でした。

南米でよく食べられるほろほろビスケットに、ドルチェ・デ・レチェ風味のアイスクリーム?を組み合わせて♪

チョコレート・ムースと抹茶アイス。濃厚に抹茶が香るアイスはかなり本格派のお味。おすすめ♡

フルーツを可愛らしくあしらったペルー風デザートも上出来。チョコレート・ムースと抹茶アイス、アルファジョルと言われる南米の伝統ビスケット+ドルチェ・デ・レイテ味のアイスも、手作りの優しい味です。他ではいただけないユニークなデザートと言えるのではないでしょうか。

全体的にお料理は美味しかったのですが、とても忙しい日でスタッフの方に余裕がなく若干、サービスがぎこちなかったのが少しだけ残念でした。次回はもう少しお客さんが少ない時間帯に来てみよう! ランチやプレシアターにはお得なセット・メニューがあるので、そこから選んでみても^^

オーナーさんの奥様が日本人であるからか、「ペルー風懐石弁当ボックス」というメニューもあり、これはかなりおすすめかも。地下スペースでたまに健康関連のトーク・イベントが開催されていて、参加した際にいただいた懐石風のお料理、とっても美味しかったのです♡  スーパーフードと言われる穀類などを多く原産する南米のお料理、ヘルシー気分の時はぜひ選んでみてください♪

23 Rathbone Place, London W1T 1HZ

店名Pisqu
最寄り駅Oxford Circus / Goodge Street
住所23 Rathbone Place, London W1T 1HZ
電話番号020 7436 6123
営業時間月〜土 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:30
URLhttps://www.pisqulondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply