色々シーンにマルチに対応するモダン・ブラッセリー

0

The Riding House Cafe ライディング・ハウス・カフェ

朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯、カフェにアフター5のドリンクだけでいい人も、 気兼ねなく楽しめる今どきのミーティング・スポット。

ちょっとパブっぽいエントランス

ちょっとパブっぽいエントランス

ロンドン・ブリッジのトレンディなBermondsey Streetにある二つの人気店、Village EastとThe Garrisonを成功させたチームが手がける3店舗目が、The Riding House Caféです。

大テーブルからソファ席まである店内は明らかにオール・ウェルカムな雰囲気。メニューもドリンクのおつまみ用サイズ(あるいは日本人女子の胃袋サイズ!?)のスモール・プレートから、しっかり食べたい人用のメインまで豊富に取り揃えています。

モダン食堂とはこれなり

モダン食堂とはこれなり

夜はカクテル類も充実! 小皿料理とビールでさらっと晩ご飯を済ませることもできます。

カクテルも豊富

カクテルも豊富

お味はスタンダード

お味はスタンダード

朝食メニューには「チョリソ・ハッシュ・ブラウン」や「アボカドのオープン・トースト」などアメリカちっくなメニューもあるので、ホテルの食事に飽きたという旅行者には朗報!?  フル・イングリッシュのほかにもフルーツやミューズリー、ヨーグルトなどのヘルシー・オプションも。

会社が終わる時間にはあっという間に満席になり、外に人があふれんばかり。グッド・ヴァイヴを楽しめる魅力あふれるお店です。

 

 

43-51 Great Titchfield Street, London W1W 7PQ

店名The Riding House Cafe
最寄り駅Oxford Circus / Goodge Street
住所43-51 Great Titchfield Street, London W1W 7PQ
電話番号020 7929 0840
営業時間月~木 7:30 - 23:30 金 7:30 – 00:00 土 09:00 - 00:00 日 9:00 - 22:30
URLhttp://www.ridinghousecafe.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す