自慢の手打ちフォーでヘルシー&温ったかなひとときを

0

Banh Mi Bay  バインミー・ベイ

フランス文化の影響を色濃く残すベトナムのバゲット・サンド「バインミー」を店名に冠している通り、サンドイッチや麺類など屋台フードが大好評のカフェ・レストランです。

ペパーミント・グリーンがブランド・カラー

ペパーミント・グリーンがブランド・カラー

といっても、やさしいペパーミント・グリーンでまとめられた店内には木目調のテーブルと椅子が配置され、天井からはシャンデリアが垂れ下がるなど雰囲気はまるでパリにあるカフェ。他のベトナム料理レストランとはしっかりと一線を画しています。

フレンドリーなスタッフが出迎える

フレンドリーなスタッフが出迎える

自家製パンで作るバゲット・サンド(キャラメル・ポークがおすすめ!)だけでなく、手打ち自家製麺が自慢のフォー・ヌードルもお試しを。ビーフ、ポーク、エビからトッピングを選び、お好みで香菜やライム、チリソースをプラスしていただくスープ麺は、香り豊かな出汁とさっぱりとした味わいで日頃の疲れた胃をやさしく温めてくれますよね。

さっぱり麺のフォーは根強い人気

さっぱり麺のフォーは根強い人気

生春巻きはメインのお供にどうぞ

生春巻きはメインのお供にどうぞ

低カロリーでヘルシーなわりに満腹感を得られるところも都会人にウケる理由。手軽に持ち帰りできるとあって、平日のランチ時には近隣ビジネスマンの行列が外までのびる人気ぶり。ホルボーン界隈でアジアご飯が恋しくなったら、ぜひ一度お試しを。

 

 

4-6 Theobald's Road, London WC1X 8PN


店名Banh Mi Bay
最寄り駅Holborn / Chancery Lane
住所4-6 Theobald's Road, London WC1X 8PN

電話番号020 7404 4016
営業時間月~金 11:30 – 16:00 / 17:30 - 21:45 土 12:00 - 21:45

URLhttp://www.banhmibay.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す