フード・ラバーのお墨付き、英仏合体ビストロ

0

Goode & Wright グッジ&ライト

よりカリビアンで猥雑なショップが無数に建ち並ぶ北寄りポートベロー・ロードに、突如出現するお洒落で居心地のいいアングロ・フレンチ・ビストロ。

サインがいい味出してる

サインがいい味出してる

アトランティック・バー&グリルやL’Odean、Odettesといったロンドンでも有数のレストランで修業を積んだヘッド・シェフ、フィンレイさんの料理の基本はフレンチですが、そこに英国ならではの料理を組み合わせたのがグッジ&ライトのスタイル。

ウッドパネルが渋い!

ウッドパネルが渋い!

席はすぐに埋まってしまう

席はすぐに埋まってしまう

素材本来が持つ味を引き出し、ひたすらフレッシュに、味よく仕上げる彼のスタイルにご近所ファンも続出です。とくに夕方5時までサーブされるブランチは(つまりランチにも利用可)、味、ボリューム、食欲をそそる盛りつけの全てを総合して、コスト・パフォーマンス満点を付けたいほどの充実ぶり。

日替わりメニューもある

日替わりメニューもある

クラシックなクロック・ムッシュやマダムは野菜とフレンチ・フライ付き、エッグ・ベネディクトも素材はクラシックながら、盛りつけはひと味もふた味も違います。グリルしたピーチとともにいただくエビのスパイシー・サラダは、その日の仕入れ具合によってイカになることも。新鮮なシーフードと美味しいドレッシングでいただくサラダは日本人の舌に会うこと間違いなしです。

スタッフもとてもチャーミング、満足度のとても高いレストランです。

 

 

271 Portobello Road, London W11 1LR

店名Goode & Wright
最寄り駅Ladbroke Grove
住所271 Portobello Road, London W11 1LR
電話番号020 7727 5552
営業時間火~金 11:00 - 23:00 土 9:00 – 23:00 日 10:00 - 16:00
URLhttp://www.goodeandwright.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す