バスク地方のごちそうタパスとシードラで乾杯♪

0

Donostia  ドノスティア

美食都市としてあまねくその名を轟かせるスペイン北部、バスク地方にあるサン・セバスティアンは、バスク語でドノスティアと言います。この小さな街が世界のグルメ都市として君臨するようになったのは、官民が一体となった街おこしがきっかけ。街全体のレストラン・レベルを底上げすることで観光客を呼び込もうという作戦は見事に功を奏し、今では食の巡礼者が後を絶たない活気ある街へと変貌しました。街おこし後のバスクで食べられるのは、バスク地方に伝わる伝統的な料理に現代的なひねりを加えた「新バスク料理」。

ホワイトな外観

ホワイトな外観

ロンドンのマリルボーン・エリアに2012年夏に誕生したドノスティアでは、そんな新バスク料理にさらにロンドン・スパイスをきかせたとっておきの料理を楽しむことができます♪

カウンター席でタパスをつまむ醍醐味♪

カウンター席でタパスをつまむ醍醐味♪

当店のヘッド・シェフはSOHOにあるスパニッシュ・タパスの超人気店、Barrafinaで腕をふるっていたトーマス・バランスキーさん。人気シェフの新ベンチャーのお手並み拝見とばかり、オープン後すぐに話題となり、白を基調としたシンプルかつウッディなダイニング空間は今ではロンドン中のタパス・ファンで賑わいを見せています。

軽くてキレのあるシードラはおすすめ

軽くてキレのあるシードラはおすすめ

当店のスペシャル・ドリンクは、リンゴから作ったバスク名物の発泡酒、シードラ。熟練スタッフが中東のミント・ティーのごとく高い場所からグラスに注ぎ入れてくれるので、泡立ったところをゴクゴクと飲み干すと最高☆  さわやかな喉ごしで濃厚なタパスをさっぱりと洗い流してくれる大切な役目を担っています。

濃縮された味わいのタパスたち

濃縮された味わいのタパスたち

イベリコ豚の肩肉煮込みは名物

イベリコ豚の肩肉煮込みは名物

おすすめは小さな一口料理のピンチョス、ふわふわトルティーヤ・オムレツ、タラ頬肉のポーチ料理や柔らかく煮込んだイベリコ豚の肩肉、そしてローズマリー風味のカリカリ・チップスをリッチなブラバ・ソースにディップして食べる新感覚の「パタタック」(ポテト・ブラバ)などなど。グラス・ワインは3ポンド代からと、とってもお得。バスクの名物タパスとワインで素敵な夜をどうぞ♪

 

10 Seymour Place, London W1H 7ND

店名Donostia
最寄り駅Marble Arch / Edgware Road
住所10 Seymour Place, London W1H 7ND
電話番号020 3620 1845
営業時間月〜土 12:30 - 15:00 / 18:00 - 23:00 日 13:00 – 16:00 / 18:00 – 21:00
URLhttp://www.donostia.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply