料理テクニックを駆使した懐石風エレガンス

0

The Dairy Bar & Bistro デイリー・バー&ビストロ

南ロンドンの憩いのグラウンド、クラッパム・コモンの北東端に2013年夏にオープンした眺めのいいビストロ。

広大な都会の公園クラッパム・コモンを見渡すロケーション

広大な都会の公園クラッパム・コモンを見渡すロケーション

手前のバーは大人気

手前のバーは大人気

手前がバー、奥にダイニング・スペースのある当店はさほど広くはないけれど居心地よくまとめられ、毎晩2回はフル回転するであろう客をイケメンのフロア・マネージャー氏がうまくさばいています。え? そんなに人気なのかって? 共同オーナー・シェフ、ロビン・ジルさんの経歴を見れば、オープン以来ずっとレストラン評論家たちをうならせている料理のクオリティに納得するはずです。

小さなダイニングは余裕で2回転

小さなダイニングは余裕で2回転

この日の突き出し、ポテト包み。美味。

この日の突き出し、ポテト包み。美味。

アイルランド生まれのロビンさんがダブリンのレストランを経てロンドンで初めて修業したのは伝説のミシュラン三ツ星レストラン、マルコ・ピエール・ホワイトのオーク・ルーム。その後イタリアはアマルフィのミシュラン・スター・レストランでイタリア料理を学び、帰英後は世界的シェフ、レイモン・ブラン氏のル・マノワール・オ・キャトルセゾンの厨房で頭角を現した相当の実力派です。

味にもプレゼンテーションにもメリハリが

味にもプレゼンテーションにもメリハリが

英国内小規模農場から取り寄せた上質食材のみを使っているのは最近のできるレストランのお約束。デイリーはその上、野菜を屋上テラスで育てているという一枚上手のこだわりあり。しかも屋上では養蜂までやっていて(!)いろいろな料理に使われているみたいです♪

ガリシア風タコと豆、季節のサラダにゴートチーズ・ムースを添えたもの。そして自家製パンが旨い!!

ガリシア風タコと豆、季節のサラダにゴートチーズ・ムースを添えたもの。そして自家製パンが旨い!!

特筆すべきはホームベイクのサワー種ブレッド! オーブンで温められたものが冷めなように麻袋に入って出されるのですが、サワー種のパンとは思えないほど柔らかく、これまで食べたことがないほど美味♪ パン好きの方にはぜひ試していただきたい出来映えでした。

揚げカボチャのサラダ、

揚げカボチャのサラダとバターミルクのエマルジョン、モンクフィッシュとカリフラワー

世界最高峰レストランの数々で食のエレガンスを身につけ、アジア諸国や北欧諸国を旅して見聞を広めたロビンさんの料理は際立つ料理テクニックに裏打ちされ、味も器も盛りつけも「ロンドンの食トレンド」のすべてを凝縮していると言っていい仕上がり。食材の一つひとつに、ソースの一滴一筋に職人のこだわりが見て取れます。

デザートはさっぱりめで、やはりフレーバー重視

デザートはさっぱりめで、やはりフレーバー重視

一つひとつのポーションはとても小さいので、テーブルにつくと「お一人様3〜4皿をおすすめしていまーす」と案内されますが、それに従わなくったってOK。自分の好きな量を好きなように頼んじゃいましょう。「スナック」は大体5ポンド前後、その他の皿は10ポンド前後です。料理のポーションを考えると、おそらく45ポンドでいろいろな味を懐石のように楽しめるテイスティング・コースがいちばんお得なのかもしれません。さらに素晴らしくお得な水曜から金曜限定の4コース・ランチ25ポンドで小手調べしてみても。お近くの方はぜひぜひお試しください♪

ドリンクとスナックで立ち寄っても正解

ドリンクとスナックで立ち寄っても正解

15 The Pavement, Clapham Old Town, London SW4 0HY

店名The Dairy Bar & Bistro
最寄り駅Clapham Common
住所15 The Pavement, Clapham Old Town, London SW4 0HY
電話番号020 7622 4166
営業時間火 18:00 – 22:00 水〜土 12:00 – 15:00 / 18:00 – 22:00 日 12:00 - 16:00
URLhttp://www.the-dairy.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

ウェブサイト

Leave A Reply