広東料理の王道をいく創業30年のローカル・レストラン

0

Water Margin ウォーター・マージン

北ロンドンのゴールダーズ・グリーンで1978年から営業している老舗中の老舗。「安い、旨い、早い」の好サービスで地元民に愛され続けているローカル・レストランの鑑のような存在です。

ハイストリートの定番レストラン

ハイストリートの定番レストラン

当店の名物は鴨肉を使った料理の数々で、とくにおすすめなのはジューシーに仕上がったロースト・ダックのプラム・ソースがけ。その他、鰻やイカを揚げたガーリック&チリ・ソルト、シーフードがたっぷり入った炒飯を餡かけにした福建炒飯、蓮の葉の移り香が食欲をそそるエビ入りの蓮の葉ご飯、柔らかナスの食感がクセになりそうなナスのポット煮、蟹肉入りヌードルなどなど、広範に渡った広東料理はどれも意外に上品な味付けで飽きがこないこともリピーターが多い理由かもしれません。

ダック料理がスペシャリティ

ダック料理がスペシャリティ

シーフードの福建炒飯は名物の一つ

シーフードの福建炒飯は名物の一つ

コスト・パフォーマンスが最も高くなるのは、4、5人でいろいろな皿をシェアした場合。驚くほど安くお腹いっぱいになるのでグループでの利用をおすすめします。平日のランチ時は7.50ポンドで2コースを食べられるエクスプレス・ランチが人気。またメニューが多すぎて決められないという方には、お得なセット・ディナーもあります。料理は驚きの早さで出てくるので、お腹ぺこぺこで入店しても大丈夫。

子供の頃から通っているというロンドナーや、家族で長年通っているという常連もいる当店、中華好きなら一度は試してみたいスター・ローカル・レストランです。

 

96 Golders Green Road, London NW11 8HB

店名Water Margin
最寄り駅Golders Green
住所96 Golders Green Road, London NW11 8HB
電話番号020 8458 5815
営業時間毎日 11:00ー00:00
URL
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す