ペルー・キッチンの波が止まらない!

0

Pachamama パチャママ

見出しを見て「Lima Floral」かなと思ったあなた、惜しい! そこよりもさらに新しいペルー料理レストランが、こちらのPachamama。10月6日にソフト・オープンしたばかりの出来立てほやほやです ^^

地下にあるのでお見逃しなく

地下にあるのでお見逃しなく

アンデス神話の母なる女神、パチャママに思いを馳せながらも、地下に広がるゆったりとしたスペースには、予約なしでも座れそうなバー、いくつかに分かれたダイニング・ルーム、カントリー調のインダストリアルな内装、ミスマッチの家具というロンドンのレストラン・トレンドをみっちり取り入れたお洒落な構造。

16席あるバーはロンドンの最新トレンディ・スポット

16席あるバーはロンドンの最新トレンディ・スポット

ペルーのお酒、ピスコのカクテルは氷の芸術w

ペルーのお酒、ピスコのカクテルは氷の芸術w

オープン前から何気に注目を集めていた理由の一つに、今、世界中の国際都市で脚光を浴びているペルー料理レストランという点が挙げられます。とくにロンドンではSOHOのCevicheに始まり、Chotto Matte、ショーディッチのAndina、ミシュラン一つ星を獲得したフィッツロヴィアのLimaに、そのカジュアル・ラインで最近オープンしたLima Floralと、まさにペルー・キュイジーヌが花盛り。そこへ来てオットレンギやNOBU、リック・ステインのシーフード・レストランなどで研鑽を積んだシェフを迎えた小皿ペルー料理の店がオープンするとあっては、グルメ・ロンドナーが放っておくはずがありません。

大充実のサラダはシャキシャキで美味しい!

大充実のサラダはシャキシャキで美味しい!

どのお皿も色の洪水!

どのお皿も色の洪水!

そう、あのオットレンギの元ヘッド・シェフを務めていたタイ系イギリス人のTom Catleyさんが率いるキッチンからは、新鮮な地元産食材を使ったカラフルでヘルシーなモダン・ペルー料理が小気味よく運ばれてきます。イエローやグリーンが鮮やかな見た目の美しさはもちろん、お味のほうはパープル・ポテトや各種チリなどペルーらしい食材も組み合わせて見事にクリエイトされ、繊細さを感じさせる味のバランスはさすが♪

Duck on Riceというメニューだけど、中華のそれとは全然違う。ハーブとグリンピースの甘みがしっかりするライスと甘めソースのかかったダックが合います♪

Duck on Riceというメニューだけど、中華のそれとは全然違う。
ハーブとグリンピースの甘みがしっかりするライスと甘めソースのかかったダックが合います♪

日本人には魚の新鮮さが評価の分かれ目となるセビーチェ、色とりどりの栄養価あふれる豊富な種類のサラダのほかに、メイン・メニューには肉や魚の炭火焼きグリル「Josper Grill」と炉端焼きを用意し、どれもタパス風に供されるので楽しくシェアしていただけます。

タコのグリルの下にはパープル・ポテトのマッシュが♪ パンプキン・ケーキはおすすめ

タコのグリルの下にはパープル・ポテトのマッシュが♪ パンプキン・ケーキはおすすめ

デザートはチョコレート・フォンダンやパンプキン・ケーキ、アーモンド・ミルク・パンナコッタなど、西洋風に見えながらもどこかペルー的工夫が見られる力作揃い。なかでも意表をつかれるパンプキン・ケーキはふわっとした舌触りとモルト・アイスクリームのコンビネーションがグッドです☆

奥にあるいちばん広いダイニング・ルーム

奥にあるいちばん広いダイニング・ルーム

16名が座れるバーの一角に座り、ペルーのお酒、ピスコのカクテルで乾杯してからテーブル席につくという手もあります。ロンドンのペルー料理シーンが、さらにまた面白くなってきました。

一皿6ポンドのランチも登場♪

18 Thayer Street, London W1U 3JY

店名Pachamama
最寄り駅Bond Street
住所18 Thayer Street, London W1U 3JY
電話番号020 7935 9393
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 18:00 – 00:00 土 12:00 – 00:00 日 12:00 – 22:00
URLhttp://pachamamalondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す