ノスタルジーを感じる21世紀のモダン・インディアン

0

Dishoom Covent Garden ディシューム コベント・ガーデン店

消えゆくボンベイ文化のノスタルジーをロンドンに移植したボンベイ・カフェ「Dishoom」がコベント・ガーデンに登場したのは2010年のこと。2012年にショーディッチに2店舗目をオープンし、行列覚悟の人気店としてすっかりロンドンに浸透しました。

夕方になると行列が・・・

夕方になると行列が・・・

開放感のある1階。地下にもテーブルがある。

開放感のある1階。地下にもテーブルがある。

店名は古いボリウッド映画で拳銃が火を吹いたりパンチが飛んできたりするときの擬音語で、壁はボリウッド・スタイルのポスターやスターのモノクロ写真でセンスよくデコレート。タパス風にアレンジされた料理の数々は、器や味へのコンテンポラリーな一工夫が21世紀のインディアンを体現しています。

日替わりカレーもあるので要チェック。薬味が旨い!!

日替わりカレーもあるので要チェック。薬味が旨い!!

日替わりのベジタリアン団子のルビー・カレーとラムのビリヤーニ

日替わりのベジタリアン団子のルビー・カレーとラムのビリヤーニ

店のスペシャリティでもあるレンティル豆のカレー、ブラック・ダールはあくまでマイルドでリッチだし、「ルビー」と名の付いた赤みがかったソースが病み付きになるチキン・ルビーやベジタリアン・ルビーはとってもおすすめ☆ ご飯好きは具材がゴロゴロ入ったフレーバー豊かなビリヤーニ・ピラフをぜひ。巧妙なスパイス遣いにシェフのスキルを見るタンドーリ料理の数々、また伝統的なインド料理店では見かけないモダンなサラダ・メニューなど、当店ならではの味を堪能してください♪

ブラック・ダール、マンゴー・サラダ、魚のタンドーリ、マンゴー・ラッシー♪

ブラック・ダール、マンゴーとパニーヤのサラダ、魚のタンドーリ、マンゴー・ラッシー♪

名物のブラック・ダール、チキン・ルビー、デザート各種

名物のブラック・ダール、チキン・ルビー、デザート各種

朝は8時から朝食をサーブ。インド風にスパイスをきかせたフル・ブレックファストで一日をスタートしたら、ランチにはインド風ラップ・サンドの「フランキー」(ナン)または「ルーマリ」(ロティ)ロールを。スパイシー・チキンとフレッシュ野菜、キーマ・ラムに野菜のピクルス、インド・チーズと野菜などを一緒に包むスタイルでテイクアウェイにも最適です。

マサラ・チャイ♪

マサラ・チャイ♪

そしてティータイムや食後には適度に甘くてコクのあるチャイをお忘れなく。疲れた身体に心地よく染み渡って、いつしか心は60年代のボンベイに……。ボンベイ(現在のムンバイ)でビジネスを始めたペルシャ系移民がコミュニティ・カフェのように利用したボンベイ・カフェは、全盛期の1960年代にはおよそ400軒がひしめいていたとか。そのソーシャルなコンセプトはロンドンで見事に花開いていますね。

朝食、ランチの予約は可、ディナーの予約は6人以上から。平日のランチならさほど並ばなくてもすぐに座れますが、週末や夜は行列覚悟で!

 

12 Upper St Martin's Lane, London WC2H 9FB

店名Dishoom Covent Garden
最寄り駅Leicester Square / Covent Garden
住所12 Upper St Martin's Lane, London WC2H 9FB
電話番号020 7420 9320
営業時間月〜木 8:00 - 23:00 金 8:00 - 00:00 土 9:00 - 00:00 日 9:00 - 22:00
URLhttp://www.dishoom.com/covent-garden/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す