キレのあるファッショナブル・タイの快楽

0

Isarn イサーン

イズリントンの目抜き通り、アッパー・ストリート沿いに2006年にオープンしたタイ料理レストラン。スタイリッシュだけどポップな革張り椅子、焼杉の壁、現代風のタイを表現したシンプル・パターンのランプ・シェード、ほのかに行き渡るアンビエントな照明など、空間デザインの趣味の良さには目を見張ります。

タイ料理っぽくない店構えとロゴ

タイ料理っぽくない店構えとロゴ

スマート&コンテンポラリ〜な空間デザイン

スマート&コンテンポラリ〜な空間デザイン

ロンドンのタイ料理レストランは、伝統の王朝風/高級モダン/カジュアル・ミッドレンジ/パブのタイ飯と様々なカテゴリーがありますが、そのどれにも当てはまらないユニークな佇まいを見せる当店は、コンテンポラリー・チャイニーズというジャンルを打ち立てたロンドン中華シーンの立役者、アラン・ヤウ氏の妹であるティナさんが、彼女のタイ人のご主人と経営しています。

突き出しのプロウン・クラッカーがうまい! 左上はエビのココナッツ・ダンプリング

突き出しのプロウン・クラッカーがうまい! 左上はエビのココナッツ・ダンプリング

肉を多用するタイ北部の料理に力を入れたメニューとは言え、シーフード・メニューも充実していているのが日本人には高得点。前菜にはエビのココナッツ・ダンプリングやパパイヤ春巻きなどをぜひ☆

エビのレッド・カレーは美味しいのでもっとソースが欲しい ^^ クリスピー・ダックのサラダもおすすめ

エビのレッド・カレーは美味しいのでもっとソースが欲しい ^^ クリスピー・ダックのサラダもおすすめ

器もいちいちお洒落☆ カレー類のソースは濃厚です

器もいちいちお洒落☆ カレー類のソースは濃厚です

カレー類はエビのレッド・カレー、モンクフィッシュのグリーン・カレーなどがおすすめ。深みのある濃厚ソースを堪能できます。その他の料理もハズレはあまりないと思うので、ぜひ好きなものを試してみだてください♪

タイ風黒米のデザートはぜひ♪ チョコ・ムースも美味しいよん

タイ風黒米のデザートはぜひ♪ チョコ・ムースも美味しいよん

そして当店ではずせないのはデザート☆ 一押しは蒸した黒米にマンゴーを添え、ココナッツ・ミルクのソースで食べるタイ風おはぎ「Mango with black sticky rice」。もっちりした黒米の歯ごたえと上品な甘さのソースがからむタイらしい甘味です♪ その他、西洋風のチョコレート・ムースのオレンジ・コンポート添えもレベル高し。

一見、ポッシュに思える店ですが、お値段はいたってリーズナブル。しかもスタッフはほぼ全員がタイ人の皆さんで、フレンドリーかつ温かいサービスを受けられます。おしゃれにタイ料理を食べたいあなたに、強力におすすめ! 細長いダイニングを通り抜けた先には小さなパティオ席もあります。

 

119 Upper Street, London N1 1QP

店名Isarn
最寄り駅Angel / Highbury & Islington
住所119 Upper Street, London N1 1QP
電話番号020 7424 5153
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 18:00 – 23:00 土12:00 – 23:00 日・祝 12:00 – 22:00
URLhttp://www.isarn.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す