シャビー・シックなNYスタイルのダイニング・バー

0

Spuntino スプンティーノ

歓楽街SOHOの面影を色濃く残す一角に、錆び付いたフロントの店ひとつ。目を凝らさなければ見えないほど小さく「Spuntino」と刻まれた素っ気ない外観。予約を一切取らないので電話もなし。

NY風バーの止まり木はぎっしりの人で埋まる

NY風バーの止まり木はぎっしりの人で埋まる

ほんとに雰囲気ハンサムな店w

ほんとに雰囲気ハンサムな店w

元肉屋を改装した古いタイル張りの壁がシャビーな魅力を醸す狭い店内は、半分以上がバー・カウンターに占められお客が座れるのはカウンター席と奥にあるコーナー席だけ…そんなカルトな店でありながらも、ソーホーの帝王こと凄腕レストラターのノーマン・ラッセル氏の成功の方程式にのっとっているだけあり、2011年春のオープン当初から評判も上々、早くからランチ時には行列ができる人気店になりました。

トリュフ・オイル風味のチーズ・トーストは濃厚さがウケているが日本人の中には苦手な人も・・・

トリュフ・オイル風味のチーズ・トーストは濃厚さがウケているが日本人の中には苦手な人も・・・

NY風のダイニング・バーといった雰囲気で、食事はアメリカン・テイストにイタリアの香りを少し加えたモダン・フュージョンといったところ。白パンの厚切りスライスにチーズをのせ、真ん中に卵黄を落としてトーストし、トリュフ・オイルをひとふりした「トリュフ・エッグ・トースト」は定番人気で、リッチな味わいを楽しめます。その他、フェンネル風味のヨーグルトが添えられる拍子木切りにしたナスのチップス、ジューシーなミニ・バーガー、季節の野菜やマッシュルームをのせたイタリア風のピセットなどもおすすめ。

混む時間帯は行列覚悟だけど、ランチやディナータイムをはずすとすんなり座れるかも

混む時間帯は行列覚悟だけど、ランチやディナータイムをはずすとすんなり座れるかも

折に触れて変わるメニューはシンプルで飽きがこず、しかもちょっとした工夫に新しい発見もあり。デザートはピーナッツ・バター&ジェリー・サンドイッチといったアメリカンならではの一品も。午前11時から夜まで通しでオープンしているので、奇妙な時間帯に小腹がすいた時にふらりと立ち寄れる便利さも魅力です☆

61 Rupert Street, London W1D 7PW

店名Spuntino
最寄り駅Piccadilly Circus / Leicester Square
住所61 Rupert Street, London W1D 7PW
電話番号
営業時間月〜水 11:00 - 00:00 木〜土 11:00 - 1:00 日 12:00 – 23:00
URLhttp://www.spuntino.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す