通しオープンの重宝イタリアン&ベルモット・バー

0

Mele e Pere メレ・エ・ペレ

その昔、10年以上に渡ってトッポ・ジージョという名の時代がかったリストランテがあった場所に、2012年2月、ついにSOHOらしい現代版トラットリアが登場。時代の波には逆らえません。

地下に広いレストランやベルモット・バーがあるとは思えない外観

地下に広いレストランやベルモット・バーがあるとは思えない外観

リンゴとナシ(Mele e Pere)のガラス工芸コレクションがズラズラと並べられた1階スペースの雰囲気は、レストランというよりはバー。外から見るとどうもソソられる感じではないのですが、地下のダイニング・スペースに降りると本来の店のバイブを感じられていい感じです♪

写真左は1階、右2枚が地下

写真左は1階、右2枚が地下

メイフェアにあるミシュラン一つ星レストラン、Wild Honeyの元同僚同士が、故郷の北イタリアの味を再現したいとオープンした家族経営の店で、良心的なお値段でボリューミーなランチ・スペシャル(9.50ポンド)が大人気。アラカルトからメニューがピックアップされていてお得なプレシアター・メニュー3コース20ポンドは、17時から19時までの間にぜひ試してみてください ^^

アラカルトから選んだタコとダイス・ベジタブルのサラダとポテトニョッキのトリュフ風味!

アラカルトから選んだタコとダイス・ベジタブルのサラダとポテトニョッキのトリュフ風味!

セット・メニューの中に興味あるお皿がないときは、ぜひアラカルトを。スターターは6ポンド平均で名産ハムや自家製チーズ、イカフライやタコのサラダ、ナスのパルメザン・チーズ重ねなどがあり、メインに食べたいパスタやリゾットは大小の皿からお腹の空き具合に合わせて選ぶことができます。

ヴェネト地方の伝統パスタ、ビゴリを使った濃厚な一品☆ 独特のコシと弾力です

ヴェネト地方の伝統パスタ、ビゴリを使った濃厚な一品☆ 独特のコシと弾力です

肝心のお味のほうは、イタリアらしい強め塩加減+リッチ・フレーバー。でも、過度になる手前のちょうどいい感じに仕上がっているのでワインが進むこと請け合いです ^^

また行っちゃいました♪  この時期しか食べられないパネトーネ・プディング☆

また行っちゃいました♪ この時期しか食べられないパネトーネ・プディング☆

自由人が多いSOHOという土地柄、ご近所さんや買い物客に重宝されているのは、昼から夜までぶっ通しで食事をサーブしていること。ミーティングでランチを逃しちゃったという方、ちょっと早めのディナーを食べたいという方、通常、いちばん困る3時〜5時といった時間帯でもちゃんとした食事にありつけるのは有り難いことですよね。

イタリアのハーブ酒、ベルモットがズラリ! バーで一杯、リラックスしたい♪

イタリアのハーブ酒、ベルモットがズラリ! バーで一杯、リラックスしたい♪

もっともっとイタリア〜ンな食事で身も心もリラックスしたいというあなたには、食前酒にベルモットはいかが? ベルモット(ヴェルムト/Vermouth)はイタリアではピエモンテ地方で多く生産されているハーブやスパイスで風味づけされているフレーバー・ワインで、当店はロンドンでも指折りのベルモット・バーでもあるのです。ストレートで、ロックで、カクテルで、さまざまな楽しみ方ができるベルモット、私も次回は試してみたいと思います!

46 Brewer Street, London W1F 9TF

店名Mele e Pere
最寄り駅Piccadilly Circus / Leicester Square
住所46 Brewer Street, London W1F 9TF
電話番号020 7096 2096
営業時間月〜土 12:00 – 23:00 日 12:00 – 22:00
URLhttp://www.meleepere.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す