フィアット狂のグッド・イタリアン・ジョブ

0

th_500_banner

500 Restaurant   チンクエチェント・レストラン

外観からは全くそそられない当レストラン、中に入ってもなんてことないインテリアですが、サーブされる料理にはいい意味で大きく期待を裏切られるホロウェイ・ロード沿いの知る人ぞ知るとっておきトラットリア。

そっけない外観からは想像できないグッド・クオリティ

そっけない外観からは想像できないグッド・クオリティ

数年前に入り口を改装して明るくなった店内

数年前に入り口を改装して明るくなった店内

本場イタリアのごとく、シェフからウェイターまで見事にイタリア人男性で固められた正統派レストランでは、まずホームメイドのパンの盛り合わせがサーブされます。ただパン類はしっとり系というよりも歯ごたえあるしっかり系なので、オリーブ・オイルが必要な方はお店の人に頼みましょう。

パスタやニョッキは大小の大きさから選べるけど、大が12ポンドくらいなのでシェアするのがよし

パスタやニョッキは大小の大きさから選べるけど、大が12ポンドくらいなのでシェアするのがよし

スターターでぜひ試していただきたいのは、ボリューム満点でお得な前菜盛り合わせ。スモークしたカジキにフルーツを組み合わせたもの、フレッシュなカニ肉を使った一品、チーズやオリーブなどが盛り合わさってメニューには2人前となってますが、日本人なら3、4人でシェアするのにちょうどいい量です。(前菜盛り合わせはスペシャル・メニューの別紙に載っているはずです)

一押しはニョッキ、パスタもはずれなし

一押しはニョッキ、パスタもはずれなし

パスタの種類はさほど多くないのですが、スペシャルの中に魚介系があれば迷わず注文してください。個人的なおすすめは、ふんわりとした口当たりでいくらでも食べられそうなニョッキ類。固定メニューのほかに日替わりも登場するので、お好きなソースでぜひぜひ試してみてくださいね。リゾットはパスタ、ニョッキに比べると「Wow」感に欠けるので、米料理がどうしても食べたいというときに(といっても普通に美味しいですが)。

メイン・コースもいいお味♪

メイン・コースもいいお味♪

メイン・コースの肉や魚料理も15ポンドから17ポンドの良心的なお値段でボリューミーなお皿をいただけます♪ 魚介のフリットも美味しいけど、これは4人くらいでシェアできるときに!

デザートはふつー

デザートはふつー あ、特別に作ってもらったアフォガートは美味しかった♪

デザートはメインに比べると若干平凡な印象ですが、ルバーブのコンポートと青リンゴのシャーベットを組み合わせた「Coppa 500」が人気、また多種類用意されたジェラートやシャーベットもお目当てにする人が多い定番です。

オーナーはシェフとマネージャーで分業する二人のイタリア人男性。シェフのマリオさんはマッシュルーム料理で一世を風靡したニール・ストリート・レストラン、ベスト・イタリアン・レストランにも輝いた、今はなきパッシオーネ、ジェイミー・オリバーのフィフティーンなどで働いた経験があると言えば、料理の質も納得。自分たちのレストランを愛するオーナー二人、ほぼ毎日自ら店に出て切り盛りしているだけに、味にもサービスにもムラがありません。

ちなみに店名の「500」は、車好きの二人がイタリアが誇る小型カー、「フィアット500」からとったもので、店内に目を凝らせばフィアットがそこにも、あそこにも!

782 Holloway Road, London N19 3JH

店名500 Restaurant
最寄り駅Archway / Upper Holloway
住所782 Holloway Road, London N19 3JH
電話番号020 7272 3406
営業時間月~木 18:00 - 22:30 金・土 12:00 - 15:00 / 18:00 - 22:30 日 12:00 - 21:30
URLhttp://www.500restaurant.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す