ロンドンの今を映すエルサレム ・キッチン

0

th_palomar_top banner

Palomar パロマー

コンセプトは「モダン・エルサレム・キッチン」。その実、イスラエル料理だけでなく南スペイン、イタリア、北アフリカ、そしてシリア、レバノン、ヨルダンなどを含むレバノト地域の料理をアレンジした新スタイルの無国籍キッチン。つまり目新しくて美味しいもの常に求めているロンドナーたちが大好きな食の領域ってことですね。

チャイナ・タウンの一角にある

チャイナ・タウンの一角にある

かくいう私も2014年5月末のオープン直後に行って以来、その美味しさと店の雰囲気にノックアウトされ、大のお気に入りで何度も通っている当店♪   他の常連さんも同じ気持ちらしく奥のダイニング・スペースを直前に予約するのはかなり難しくなってきましたが、2人ならランチ12:00またはディナー17:30きっかりのオープン時間に入店して、バー・カウンターの席を確保するのがおすすめです。

ロンドンで今、いちばんホットなカウンターのひとつ☆

ロンドンで今、いちばんホットなカウンターのひとつ☆

中東フュージョンと言っても、デリ・スタイルのオットレンギとは少々違う本格メニューがズラリ。初めてこの店を訪れるなら、まずはコールド・メッゼからスタート。オープン後5ヵ月くらいは「Daily 6」という6種のメッゼ・セットがあったのですが、今は3種セットになっているみたいなので、そちらでどうぞ☆

中東風ブリオッシュはトマトとタヒーニのソースでいただきます♪

中東風ブリオッシュはトマトとタヒーニのソースでいただきます♪

このメッゼを食べるのにパンが必要? ならばぜひとも当店のスペシャリティ、缶の中でベイクされるイエメン風ブリオッシュ「Kabaneh」をぜひ♪   中東系とは思えないバターたっぷりの危険なパンですが、伝統の味なのだとか。

マッシュルーム・ラグーをトリュフ・オイル風味でいただくポレンタはエルサレムのレストランMachneyudaから。

マッシュルーム・ラグーをトリュフ・オイル風味でいただくポレンタはエルサレムのレストランMachneyudaから

メニューは季節によって変わるようですが、定番品のおすすめは濃厚なマッシュルーム・ラグーでいただくアスパラガス入りのなめらかポレンタ。パルメザン・チーズいっぱいガーリック&トリュフ風味のソフト・ポレンタは、流行りのジャーに入ってくる一級品。リッチなテイストをお楽しみあれ☆

再構築ケバブ(左)はこってり派におすすめ

再構築ケバブ(左)はこってり派におすすめ

肉料理の定番は伝統的な中東の味、ケバブを再構築した一品と、ポークベリーのタジーン。両者ともにしっかり目の味付けで口当たりも味覚ハーモニーも考え抜かれた仕上がり。再構築ケバブはちょっと脂っこいですが、軽いタヒーニ・ソースで中和します。自家製と思われるピタ・ブレッドは絶品。

美しいデザート「Malabi」はシェアするのにぴったり☆

美しいデザート「Malabi」はシェアするのにぴったり☆

デザートのおすすめは「Malabi」というバラの薫りを漂わせたミルク・プリン。この鮮やかな赤はラズベリーで、メレンゲ・コートされたピスタチオなどが載っているので飽きることなく食べられます。その他、タヒーニやヨーグルトを使った自家製アイスクリームがあれば、そちらもぜひ。

たった40席の奥のダイニング・スペース

たった40席の奥のダイニング・スペース

3人のオーナー・シェフは、揃ってエルサレムにあるホットなレストラン、Machneyudaで働いた経験があり、中東レストランのクオリティをロンドナーに持ち込んで大成功を収めました。最近はアラン・ヤウ氏がトルコ・ピザの店をシャフツベリー・アベニュー沿いにオープンしましたよね(近日中に潜入予定☆)。中東の味はしばらくロンドナーの注目を浴び続けそうです。ちなみにロケーションは広範囲ソーホー内ではありますがが、正確にはチャイナ・タウン側。シャフツベリー・アベニューの南側なのでお間違いなく。

34 Rupert Street, London W1D 6DN

店名Palomar
最寄り駅Piccadilly Circus / Leicester Square
住所34 Rupert Street, London W1D 6DN
電話番号020 7439 8777
営業時間月〜水 12:00 – 14:30 / 17:30 – 23:00 木〜土 12:00 – 14:30 / 17:30 – 23:30 日 12:00 – 15:30
URLhttp://thepalomar.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す