じんわり輝く珠玉ポーリッシュ

0

th_ognisko_banner

Ognisko Restaurant オグニスコ・レストラン

ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム、自然史博物館に科学博物館といったイギリスが誇る良質ミュージアムの数々がそろい踏みしているサウス・ケンジントン。そのミュージアム・クオーターはExhibition Road沿いの堂々たる建物に入ったポーランド料理レストランがこちら♪

立派な容れ物だけど、お値段はリーズナブル

立派な容れ物だけど、お値段はリーズナブル

レストランの母体は在英ポーランド人たちの心の拠りどころであるポーリッシュ・クラブ「オグニスコ・ポルスキー」(ポーランドの火)。第二次大戦が勃発した1939年に創設され、イギリスへと亡命してきたポーランド人コミュニティの中心として活用されてきた長い歴史を建物の随所に飾られた絵画などから感じることができます。

というわけで伝統的にポーランド料理レストランが入ってはいるのですけど、あまり耳にしたことはありませんでした。が、Balticという東欧レストランをサザークで成功させているポーランド人レストラター、ヤン・ウォロニエキさんが数年前にテコ入れし、華麗に生まれ変わりました☆

伝統のパン類が美味しい!!

伝統のパン類が美味しい!!

テーブルにつくとさっそく供される黒パンや穀類入りのパン類がすでに美味しい! 黒パンにありがちなもっさりボロボロとした口当たりではなく、現代風の軽やかさを感じさせる滋味あふれるパンは、バター&ピクルスと一緒に口に運ぶとさらに美味しさアップ↑

栗とキノコのニョッキ(左上)は超おすすめ

栗とキノコのダンプリング(左上)は超おすすめ

東欧の家庭料理であるダンプリングも当レストランでは立派に洗練された一品に。茹でるだけでなく、しっかり焼いてコクを加えた栗ときのこの「Kopytka」(コピトカ)は、まさにポーランド版ニョッキ♪ もちろん餃子型のダンプリング「ピエロギ」もあるので次回はぜひ試してみたいと思います ^^

アラカルトで頼んでもそれほど高くはないのですが、この日は超お得なランチ・セットにトライ(2コース16.50ポンド、3コース 19.50ポンド)。前菜のビートルートとチーズのサラダ、クレイフィッシュのサラダともにボリューム、味、ともに大満足。メインのサーモンとマッシュルーム、蕎麦の実が入ったパイ包み焼きは、濃厚なバター・ソースでいただく寒い国ならではのごちそう。味よく甘辛に仕上げたお肉のシチュウもマッシュポテト付きで男性でもお腹いっぱいになる分量です。

セット・メニューのメイン・コースは大充実

セット・メニューのメイン・コースは大充実

芥子の実とハニーのケーキ、その他のデザートにもスパイスを利かせたフルーツの甘煮がガーニッシュされてポーランドらしい趣。締めのコーヒーまで安心して楽しめる良質店でした。

デザートまでポーランドらしさを堪能

デザートまでポーランドらしさを堪能

思うにこのレストランの良さは、心温まるような家庭料理の醍醐味と、プロの舌とテクニックをバランスよくメニューに取り入れていること。野暮ったすぎず、とんがりすぎず、この匙加減が心地よいのかも。

奥にはアルフレスコ席もある

ゴージャス気分を味わえるインテリア。奥にはアルフレスコ席もある

とはいえ、レストランのインテリアは一流店のそれ。ロイヤル・アルバート・ホールで特別なコンサートを鑑賞する前後に来ても、充分気分に沿うこと請け合いですよ。

55 Prince’s Gate, Exhibition Road, London SW7 2PN

店名Ognisko Restaurant
最寄り駅South Kensington
住所55 Prince’s Gate, Exhibition Road, London SW7 2PN
電話番号020 7589 0101
営業時間毎日 12:30 – 15:00 / 17:30 – 23:15
URLhttp://www.ogniskorestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す