若さとフレーバー弾ける英国ビストロ

0

th_BistroUnion_banner

Bistro Union ビストロ・ユニオン

南ロンドンの人気エリア、クラッパム・コモンの南東サイドにある瀟洒なAbberville Villageに2012年にオープンした小洒落たブリティッシュ・ビストロがこちら。

芥子色のキュートなレストラン

芥子色のキュートなレストラン

芥子色をアクセントにした居心地のいいビストロは、間違いなく業界の手練による仕上がり。センスを感じさせるオーナーは、市内有名レストランの数々で腕を磨いた後、クラッパム・オールド・タウンで洗練された大人のレストラン「Trinity」を成功させているアダム・バイアットさん。旬の素材を気軽に美味しく食べられるカジュアルな店を目指して始めたのが、このビストロ・ユニオンなのです。

奥行きある店内は若いスタッフが動き回っている

奥行きある店内は若いスタッフが動き回っている

リッチな自家製レモネード! パンは別注文です☆

リッチな自家製レモネード! パンは別注文です☆

というわけでコンセプトはブリティッシュ。スターター、メインとコースでイギリスの旬を楽しむこともできれば、フレーバーをぎゅっと閉じ込めた小皿料理をシェアする形でもOK。週末ならとってもブリティッシュだけどモダンなツイストを効かせた朝食やブランチが待っています。

左上から時計回りにロマネスク・ブロッコリーのサラダにクランブルをトッピングしたもの、シャキシャキ野菜のヘルシー・スローほどよい塩加減に干されて美味だったメザシみたいな見た目のスプラッツという魚+ソーダ・ブレッド、大きなハムホックのかけらが入ったコロッケ☆

左上から時計回りにロマネスク・ブロッコリーのサラダにクランブルをトッピングしたもの、
シャキシャキ野菜のヘルシー・スロー、ほどよい塩加減に干されて美味だった
メザシみたいな見た目のスプラッツという魚+ソーダ・ブレッド、
大きなハムホックのかけらが入ったコロッケ☆ 全部美味しい

いろいろな味を試したくて小皿をシェアしてみたら、どれもモンクなく美味しい☆ 素材の組み合わせ、スパイス・調味料使い、歯ごたえに全てメリハリがあり、ちょうどよいバランスでいろんな味を楽しめました。野菜、魚、肉とメニューもバランスよく作られていますが、メイン料理は肉に力を入れているようでした。

ヘリング・エッグのスプレッドにゆで卵を載せたもの、チコリとスティルトン、ナッツのサラダ☆

ヘリング・エッグのスプレッドにゆで卵を載せたもの、チコリとスティルトン、ナッツのサラダ☆

これだけイギリスを意識した料理が作れるヘッドシェフは、スピタルフィールズにあるセント・ジョン・ブレッド&ワインで腕をふるっていたカール・ゴワードさん。納得!

さて、デザートですが・・・こちらは残念ながら特筆すべきものはなし。バターミルクや、デーツとカスタードなど昔ながらのイギリスの素材を使ったスイーツは工夫は感じられますが、味に今ひとつ反映されていないようです。日替わりメニューの中にあった自家製ビスケットは2ポンドで4枚とお得な感じもしましたが、お味はとりたてて・・・

バターミルク・プディングは?な感じ。デーツとカスタードのタルトはクリーム部分は美味しいのにタルト生地がいまひとつ

バターミルク・プディングは?な感じ。デーツとカスタードのタルトはクリーム部分は
美味しいのにタルト生地がいまひとつ

とはいえ! 料理はとても美味しいのでクラッパム・コモンの散歩ついでに気軽に立ち寄りたいカジュアル店としておすすめです♪ ちなみにクラッパム・サウスって住人が若いみたいで、客層が北ロンドンにあるレストランに比べてゆうに15歳くらい年若でびっくりしましたw

40 Abbeville Road, London SW4 9NG

店名Bistro Union
最寄り駅Clapham South
住所40 Abbeville Road, London SW4 9NG
電話番号020 7042 6400
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 18:00 – 22:00 土 9:30 – 15:00 / 18:00 – 22:00 日 9:30 – 15:30 / 18:00 – 20:00(バースナックは毎日11:00から)
URLhttp://www.bistrounion.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す