レイバー・オブ・ラブ:極上のおふくろの味

0

th_Amoul_banner

Amoul’s   アムールズ

最近、友人に紹介されて初めて訪れたAmoul’s。 閑静な高級住宅街リトル・ベニスの小さなヴィレッジ Formosa Street に2003年にオープンして以来、近隣住民だけでなく在英レバノン人の皆さんの心の拠り所となっているレバノン家庭料理の知る人ぞ知る名店です。

「誰かの家に呼ばれたみたい」とよく評されているアムールさんの「第2の家」

「誰かの家に呼ばれたみたい」とよく評されているアムールさんの「第2の家」

オーナーシェフのアムールさんは、70年代に勃発したレバノン内戦の泥沼化にともなってイギリス人の旦那様とともにロンドンへ。「ロンドンには子どもたちに食べさせたいものがないワ」と、自身でレバノン南部の実家に伝わる料理を再現。友人やご近所にお裾分けするうちにその美味しさが評判となり、ついに始めてしまったお店がこちら ^^

イギー・ポップがいい仕事してるインテリアw

イギー・ポップがいい仕事してるインテリアw

最初は昼間だけの営業だったのですが、料理が本格化するにつれ夜営業のレストランへと移行☆   週末だけレバノン風のブレックファーストやランチをサーブしてご近所さんに大好評ですが、平日夜は照明もしっかり落としてアモールさんのセンスがばっちり反映されたクールなスペースに大変身。昼と夜では全く違う表情を見せるAmoul’s、メニューも異なるのでレバノンの極上おふくろの味を堪能したい方は、ぜひ平日夜の部へ♪

左上から時計回りにワイルド・チコリ、中東スナック各種、ババ・ガナシュ

左上から時計回りにワイルド・チコリ、中東スナック各種、ババ・ガナシュ

この店をよく知る友人のおすすめは全部! とのことでしたが ^^ 私の味覚に合わせて選んでくださったのが炭火焼きしたナスで作る「ババ・ガナシュ」、ソテーしたワイルド・チコリとキャラメライズしたタマネギを合わせた「ヒンドベ」、全て自家製の中東ペイストリー・スナック類。炭火のスモーキーな香りが残るナスを使ったババ・ガナシュはガーリックはほんの少し、後は風味のよいタヒーニとレモンでクリーミーな舌触りに仕上げた絶品です。ワイルド・チコリのソテーもタマネギの甘みとレモンのさっぱり感でパーフェクトな仕上がりに☆

これがウワサのチキンご飯のモロヘイヤ・スープがけ☆

これがウワサのチキンご飯のモロヘイヤ・スープがけ☆

そして! 当店のシグニチャーの一つ、モロヘイヤ・スープで食べる蒸し鶏のご飯のせ「Moloukhia」は、「食べなきゃ絶対に損」的なグレート・メニュー♪  ご飯の上にたっぷりとのせられたホロホロの柔らかチキンに、熱々のモロヘイヤのスープをかけ、レモンをたっぷり絞っていただく中東の伝統料理ですが、レシピにはもちろんアモールさん独自の工夫が。しかもテクスチャーを加えるためにカリカリに揚げたフラットブレッドを砕いて散らしたものが当店の最終形態なのです。さらなる酸味をお求めの方には、サイドにビネガー・ソースが2種付いてくるので、そちらで味を調整あれ♪ (こちらの料理は電話で事前注文されることをおすすめします☆)

また独特の中東スパイスで調味されたロースト・チキンも満足度の高い一品。ダイス・ポテトとタボウルでセットになった一皿はシェアしても十分に楽しめます。

th_DSC_0428

柔らかチキンのロースト♪

フリーカ、イチジク、フェタ・チーズ、キャラメライズ・オニオンが素敵なハーモニーを奏でる♪

フリーカ、イチジク、フェタ・チーズ、キャラメライズ・オニオンが素敵なハーモニーを奏でる♪

もう一ついただいたメイン料理は、最近、スーパーフードとしても注目されている古代穀物「Freeka」を使った一品。ふっくら戻った乾燥イチジクと一緒に調理し、ブルガリアのフェタ・チーズとキャラメライズ・オニオンでアクセントを付けた料理はアムールさんの創作アイデアが如何なく発揮された、女性が好きそうなお味。チーズ+甘いチャツネといった組み合わせが好みの方は、ぜひ試してみてください。

レバノンのワインを数多く扱う。リスト上から2番目の赤ワイン、美味しかったです☆

レバノンのワインを数多く扱う。リスト上から2番目の赤ワイン、美味しかったです☆

なんとデザートもほぼ全て自家製〜。この日は中東らしいデーツ餡が入った伝統のビスケットをいただいてみました♪   温かくしてサーブされるビスケットは、甘さも控えめでちょうどよく、日本の駄菓子を思わせる優しい味でしたよ ^^

エッジウェア・ロード辺りの大型レストランでサーブされるレバノン料理とは、ひと味もふた味も違うAmoul’sの料理は、一言で言えば食べる人の顔を思い浮かべながら心を込めて作られるスペシャルな手料理。といっても安定した味を維持するプロフェッショナルな姿勢はしっかりと貫かれています。しかも、当店の料理は全部、アモールさんが作っているのです〜。そんなアムールさんの究極のレシピに興味ある方、店内にレシピ本が置かれているので、ぜひぜひお手にとってみてください♪

【再訪の記録☆】

パセリとトマトのタボウル(左上)、アーティチョークと空豆(右下)、そしてモロッコのタジーン風のクスクスが敷かれた野菜のムサカ(左下)

パセリとトマトのタボウル(左上)、アーティチョークと空豆(右下)、
そしてモロッコのタジーン風のクスクスが敷かれた野菜のムサカ(左下)

レバノンの家庭料理は、このご飯にかけるチキン・スープのように胃にやさしいものが多い。右上はビーフとラムのケバブ風。しら触りがよくコクのある味わいはヨーグルトと良く合う

レバノンの家庭料理は、このご飯にかけるチキン・スープのように胃にやさしいものが多い。
右上はビーフとラムのケバブ風。舌触りが滑らかでコクのある味わいはヨーグルトと良く合う

イラン人のウェイトレスさんが煎れてくれるコーヒーが美味しそう♪ 真ん中はレバノン伝統のサーレップの入ったアイスクリーム☆ 他の自家製グルテン・フリー・ブラウニー、アップル・ケーキともに美味しいです

イラン人のウェイトレスさんが煎れてくれるコーヒーが美味しそう♪
真ん中はレバノン伝統のサーレップの入ったさっぱりとしたアイスクリーム☆ 
他の自家製グルテン・フリー・ブラウニー、アップル・ケーキともに美味しいです

14 Formosa Street, London W9 1EE

店名Amoul's
最寄り駅Warwick Avenue
住所14 Formosa Street, London W9 1EE
電話番号020 7286 6386
営業時間火〜土 6:00 – 23:00 土 9:00 – 14:30 日 10:00 – 14:00
URLhttp://www.amoul.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す