ロックンロールなアジア的ジャパニーズ

0

kurobuta

Kurobuta, Marble Arch   クロブタ(マーブル・アーチ店)

ロンドンの和食フュージョンの最高峰、NOBUに6年間勤め、最後はヘッドシェフをまかされていたオーストラリア人シェフ、スコット・ホールスワースさんが2014年春にオープンしたアジア的テイストが強いジャパニーズ・レストラン(あえて和食とは言いません ^^)。

コノート・ヴィレッジの端っこにある広い店

コノート・ヴィレッジの端っこにある広い店

木目をふんだんに使ったシンプル・モダンなスペースは天井の高い広々とした仕様で、当店が謳っている「居酒屋」というよりはレストランといった趣。バックグラウンド音楽はポップスやロック、壁には漫画風の絵が飾られ、ブランディングとしてはZuma出身のオーストラリア人シェフによって一足先に成功を見せているラーメン屋Bone Daddiesや、フュージョン・ジャパニーズ・チェーンのWagamamaなどに倣っている、という感じでしょうか。

kurobuta

清潔感のあるモダンな店内は横長!

kurobuta

ドリンクはジャスミン・ティーとライムのジュースだったか・・忘れてしまったけど美味しかったです

料理ですが、この日は魚がダメな方と一緒だったので ^^、魚料理や寿司を試すことができなかったのですが、エビはOKということでエビの天ぷらを頼んだら、なんと中華風衣のエビのフリッター、スパイシー・マヨがけみたいなのが出てきてびっくりしました (しかも揚げ春雨の巣の上にのっかっていますw)。 皮なしナス田楽は甘めの味噌で丁寧にグリルされ、トッピングされたクルミがクランチーでよい感じ。

kurobuta

ポーク・ベリー・バンズはいまひとつ・・・

そして当店のシグニチャーだという(これまた中華風の)黒豚ポーク・ベリーを中華バンズでサンドした一品は・・・豚バラの脂肪分がしっかりと残っていて、私には少ししつこい味でした。脂身を美味しくいただける方にはいいかもしれませんが、ここまで脂を残すなら、一緒に挟むピクルス的な薬味の量を増やしたほうがバランスがよいと思われます。同じポーク・ベリーの中華バンズ・サンドなら、断然Flesh&Bunsのものがおすすめです。

寿司類やサラダ類を食べなかったので判断しかねる部分はありますが、全体的にあっさり和食というよりは非日本人向けのこってり系アジアご飯です。3名以上でいろいろな味を試してみるのが、コスパもバランスもよく楽しめるのではと感じました。

ちょっと不便だなと思ったのは、ランチもディナーも同じメニューなので、軽めにランチを食べようしても若干割高になってしまうこと。スタッフ教育がある意味しっかりとされていて、ランチでも「一人3品程度の注文がおすすめ」とか言ってくると思うのですが、無視して食べたいものだけを食べるようにしましょう ^^ なぜか朝9時からオープンしていて、自家製の和風ペイストリーとかを出しているらしいので、機会あれば朝に訪れてみたい気がします。

このマーブル・アーチ店オープンの前年、チェルシーのKings Roadに出したポップアップ店もクローズすることなく、今も健在。ロケーション的に都合のよい方はそちらへどうぞ☆

17-20 Kendal Street, London W2 2AW

店名Kurobuta, Marble Arch
最寄り駅Marble Arch / Paddington
住所17-20 Kendal Street, London W2 2AW
電話番号020 3475 4158
営業時間毎日 9:00 – 22:30
URLhttp://www.kurobuta-london.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply