ツボをおさえたベネチア風バーカロ

0

th_Polpo_Smith_banner

Polpo, Smithfield   ポルポ スミスフィールド店

SOHOの帝王こと、テレビでもおなじみレストラン事業家のラッセル・ノーマン氏が共同経営するPolpoのスミスフィールド店。ベネチアン・タパスを謳うPolpoは2009年にSOHOのBeak Streetに一号店をオープンして以来、文字通り破竹の勢いで評判を築いていった名物レストラン。この6年のうちにコベント・ガーデン店、スミスフィールド店、ノッティング・ヒル店を立て続けにオープンし、ついにチェルシーのデューク・オブ・ヨーク・スクエアにこの5月に支店を出すという発表がつい最近あったばかり。相変わらずの快進撃が続いています。

さほど広くない店内だけど近隣で働く人達のオアシスに

さほど広くない店内だけど近隣で働く人達のオアシスに

こちらのスミスフィールド店は2012年夏のオープン。フード・ディストリクトのような趣のある界隈で、コンスタントな人気を誇るカジュアル店です。

名物のミートボールは6種類から選べる!

名物のミートボールは6種類から選べる!

人気の理由は、味と価格のバランスがよいこと、というかむしろ、相当リーズナブルな価格に保たれていること、そしてロンドナーたちが愛してやまない「気取らずも、スマートな雰囲気」をしっかり守っていること、でしょうか。

タコと豆の煮物、ピザット、ウサギのニョッキなどハズレなし

タコと豆の煮物、ピザット、ウサギのニョッキなどハズレなし

Polpoに来たらタコを! ということでタコの豆煮込みを頼んでみると、柔らかタコと上手に炊けている赤い豆の組み合わせは確かに美味しい☆ シンプルな温キャベツや紫タマネギとチーズのピゼットとか、もちろん名物のミートボールも、味加減がうまくてハズレないのが受けている理由に違いないのです。

デザートはふつ〜〜 ^^;

デザートはふつ〜〜 ^^;

これからの季節、フレッシュな白ワインやロゼ、シトラス風味のアイス・グリーン・ティーなどさわやかドリンクと一緒に、小皿料理を楽しみたいですね♪

3 Cowcross Street, London EC1M 6DR

店名Polpo Smithfield
最寄り駅Farringdon / Barbican
住所3 Cowcross Street, London EC1M 6DR
電話番号020 7250 0034
営業時間月〜土 12:00 – 23:00 日・祝 12:00 – 16:00
URLhttp://www.polpo.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す