サフォーク・チキンの華麗なる冒険

0

th_LeCoq_banner

LeCoq  ルコック

「鶏」という単刀直入なフランス語が付けられてはいますが、フランス料理の店ではありません。ここはイギリスでも国民的な人気を誇るロースト・チキンの専門店。セット・メニュー(2コース、または3コース)のみの構成で、スターターとデザート、そしてメイン・コースであるロースト・チキンに付いて来るサイド・メニューが週ごとに変わっていくシンプル仕立てのレストランです。

テイクアウェイもやってまーす

テイクアウェイもやってまーす

当店のオーナーはロンドンのタパス・バーのレベルを大きく底上げしたソルト・ヤード・グループや、人気イタリアンのBocco di Lupo、トレンディなシンプル・ブリティッシュのRochelle Canteenなどで経験を積んできたモリス姉妹で、2013年夏にオープンしました。最近、お洒落なカフェやレストランが続々と登場しているハイバリー&イズリントンのSt Paul’s Road沿いです。

このフモスは絶品でした♪

このフモスは絶品でした♪

いつも3種類が用意される前菜から一つずつチョイスしてみたところ、いちばん美味しかったのはベジタリアン・オプションのフモス! ガーリックがほどよく利いた完璧な味、テクスチャー、そして春らしいプレゼンテーション。香ばしくグリルされたピタパンと一緒にいくらでも食べられそうでした♪

前菜は週変わりで3種類を用意

前菜は週変わりで3種類を用意

サバのグリル、トマト・ソースとステム・ブロッコリーのパンシェッタ添えは素材ありきの直球料理。そしてデンと登場する主役のロースト・チキン!

カウンターの後ろでこのチキンがグルグル回ってますちなみにこれが3人前。2人の場合はお皿に盛りつけられてサーブされます

カウンターの後ろでこのチキンがグルグル回ってます
ちなみにこれが3人前。2人の場合はお皿に盛りつけられてサーブされます

旬の野菜が豪快に添えられてくる鶏肉のブランドは「Sutton Hoo Chicken」。お里はイングランド東部のサフォークの農場です。ここでのびのびと放し飼いにされている健康な鶏がロンドンまで旅をし、熱々のロティセリー(串刺しグリル器)に入れられてこんがりとグリルされるというわけ。その仕上がりが当店自慢の「Rotisserie Sutton Hoo Chicken」。

付け合わせ野菜は込みですが、別注文のポテトは、チキンから出て来た脂でローストし、ローズマリーで風味付けされているのでなかなかテイスティー☆ チキンそのものがかなり淡白なので、この塩強めのポテトは必須かもしれません。ちなみにチキンに添えられてくるグレービーはわざとサラっとした感じに仕上げてあるらしいので、個人的にはよきお供とは思えませんでした(自然な味と言えばそうかも)。

チョコレート・ケーキに添えられていたのは、なんと枇杷!

チョコレート・ケーキに添えられていたのは、なんと枇杷!

デザートもシンプルで間違いない美味しさ。2コースが17ポンド、3コースで22ポンド。サイド、飲み物、食後のコーヒー、サービス料などを入れると30ポンド超えにはなりますが、ガツンとヘルシーなチキンを食べて栄養をつけたい方におすすめです。日曜はチキンに加えて別のメイン・コースも登場します。

292-294 St Paul’s Road, London N1 2LH

店名LeCoq
最寄り駅Highbury and Islington
住所292-294 St Paul’s Road, London N1 2LH
電話番号020 7359 5055
営業時間月〜水 17:00 – 22:30 木〜土 12:00 – 15:00 / 17:00 – 22:20 日 12:00 – 21:00
URLhttp://www.le-coq.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す