期待に胸ふくらむ小さなイタリアン・ジェム

0

th_Casa_Tua_banner

Casa Tua  カーサ・トゥア

英語に「hidden gem」という表現がありますが、2013年夏にひっそりとカムデン・ロード駅近くに登場したCasa Tuaは、まさに「知る人ぞ知るお宝」と呼ぶにふさわしい小さなイタリアン・カフェ。一工夫あるグルメ・サンドイッチが評判ですが、木・金・土のディナータイムもオープンしている今は、存在感のあるモダン伝統料理でご近所を虜にしているのです♪

お洒落なカフェ風。店内は狭い!!

お洒落なカフェ風。店内は狭い!! 右上はお友達の撮影☆

本来ならカフェ部門で紹介すべき店かもしれないのですが、今はカクテル・バーとしても大人気、そのうちディナー・オープンデーがもっと増えるのではないかと睨みw レストラン部門で紹介しています ^^

夜はスターター・サイズの皿も約15種類を揃え、人気のブルスケッタ、メランザーネ、カポナータなどクラシック・メニューに加え、パルメザン入りポレンタ・フィンガーやモッツアレラの揚げサンドみたいなものまで元気のあるメニューが並びます。

右上は突き出しで、小麦粉のハーブ入り揚げドーナッツ、右下はリッチに味付けされたカポナータ

右上は突き出しで、小麦粉のハーブ入り揚げドーナッツ、右下はリッチに味付けされたカポナータ

ここに来たら絶対にたいタコ・グリルとクリスピー・ポテト右の写真はこの近辺をよく通るお友達の撮影です♪

ここに来たら絶対に食べたいタコ・グリルとクリスピー・ポテト(左)
右の写真はこの近辺をよく通るお友達の撮影です♪

この日食べた料理のうち、ダントツで美味しかったのはグリルしたタコとクリスピー・ポテトを合わせた一皿。このポテトとタコというクラシックな組み合わせが、当店では香ばしくグリルされたタコのほどよい歯ごたえと、薄切りポテトのしっとりカリカリ感が絶妙で、ぜひ賞味いただきたい品です。

奥がバーになっていて、その奥のパティオにキッチンがある模様。左はポルチーニのタグリアテッレ

奥がバーになっていて、その奥のパティオにキッチンがある模様。左はポルチーニのタグリアテッレ

3種を用意していたパスタ類から、この日はホウレンソウを練り込んだタグリアテッレをポルチーニとトリュフ・オイルでいただく一品を。感動するお味ではなかったですが、なかなかの出来映えでした。

お酒を飲む人で賑わうカフェ・バーの一面も

お酒を飲む人で賑わうカフェ・バーの一面も

デザートはナッツの歯ごたえがいいアクセントのセミフレドをスポンジ・ケーキで挟んだものをチョイス。軽〜い感じで危険なデザートですw

若きオーナーのジョゼッぺさんが「Your House」という意味の店名に込めたのは、誰にでも自分の家にいるようにくつろいでもらいたいという純粋な思いです。当店をオープンする以前はバーマンとして働いていたらしく、小さな店内には名物らしいカンパリ・ベースのカクテルをはじめお酒を飲む人でいっぱい。地下にも若干の席があるようでした。

久しぶりに北ロンドンで面白いカフェを発見してワクワク&今後の成長に大いなる期待☆  夜は混むので予約がベターですが、小さなカウンター席でスナックをつまみながらカクテルを傾けるだけなら、ポップインしても座れる可能性大です。

176 Royal College Street, London NW1

店名Casa Tua
最寄り駅Camden Road / Camden Town
住所176 Royal College Street, London NW1
電話番号020 8127 0460
営業時間火・水 :800 – 19:00 木・金 8:00 – 23:00 土 9:00 – 23:00 日 9:00 – 19:00
URLhttps://www.facebook.com/casatuainlondon
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す