カントリー・スタイルのモダン・キッチン☆

0

th_JarKitchen_banner

Jar Kitchen  ジャー・キッチン

コベント・ガーデンに今年3月に登場したオールデー・オープンのトレンディ・キッチン。センスよい料理はすでに味もよしと大評判です♪

カメラを忘れたのでIPhoneで撮影〜ちょっとキメ粗いですが。テーブル・フラワーに女性らしさを感じるデコレーション♪

カメラを忘れたのでIPhoneで撮影〜ちょっとキメ粗いですが ^^;
テーブル・フラワーに女性らしさを感じるデコレーション♪

2人の女性がオーナーというだけあり、デコレーションは女性好みのモダン・カントリー・スタイル。誉れ高い「ディナー・アット・ヘストン・ブレメンタール」の厨房で働いていたこともあるシェフのドミニクさんは、オーストラリアのパースにあるヘルシー志向の人気レストランでヘッドシェフを務めていた経験を活かし、新鮮素材で勝負するモダン・ブリティッシュを日々クリエイトしています。

臭みなく甘さがほどよいチキン・レバーはレーズン・トーストとともに☆

臭みなく甘さがほどよいチキン・レバー・パフェはレーズン・ブレッドのトーストとともに☆

英国料理を軸に、インターナショナルなツイストを加えたシンプル料理は味のバランスがちょうどいい塩梅。

スズキのセビーチェ風はさっぱりシトラス風味♪

スズキのセビーチェ風はさっぱりシトラス風味♪

18:30までに入店すると注文できる2コース15ポンドのプレ・シアター・メニューは当店のエッセンスを試すにはもってこいで、スルリと胃に収まってしまう軽さが魅力です。

ミックス・グレイン・サラダはラム肉をプラスするとボリューミーな一品に。それでもヘルシー感あり☆ヒラメのソテー、ポテト&ブロッコリー添えもペロリと食べられる軽さ。

ミックス・グレイン・サラダはラム肉をプラスするとボリューミーな一品に。それでもヘルシー感あり☆
ヒラメのソテー、ポテト&ブロッコリー添えもペロリと食べられる軽さ。

濃厚なチョコレート・ガナッシュにかるーいバナナ・アイスクリームを添えたデザートは秀逸♪

濃厚なチョコレート・ガナッシュにかるーいバナナ・アイスクリームを添えたデザートは秀逸♪

これまたバランスの良さに感心するデザートをシンプルなマグ入りコーヒーと一緒に楽しんでいると、なんだか誰かの家でリラックスしている気分に……。自家製グラノーラなどの朝食や日替わりランチもぜひ試してみたいと思わせる良店です。

176 Drury Lane, London WC2B 5QF

店名Jar Kitchen
最寄り駅Covent Garden / Holborn
住所176 Drury Lane, London WC2B 5QF
電話番号 020 7405 4255
営業時間火〜金 8:00 – 23:00(L.O. 21:00)土 10:00 – 17:00
URLhttp://www.jarkitchen.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す