西ロンドンでタイ気分になったら

0

th_FatBoys_banner

Fat Boys, Ealing ファット・ボーイズ(イーリング)

20年以上前にChiswickからスタートし、今や西ロンドンに5店舗を構えるタイ・レストラン・グループのEaling Broadway店。

タイ料理っぽくない店構えと店名w

タイ料理っぽくない店構えと店名w

タイ料理というのは「辛い」「甘い」「酸っぱい」のバランスが絶妙でコクがあり、しばらく食べないでいるとなぜか「タイ料理が食べたいなぁ」と思ってしまう病み付きキュイジーヌ。中華に加えてご近所に一軒は欲しいレストランだと思います。

定番のカレー類はパドタイはいけます

定番のカレー類やパドタイはいけます

日本人も数多く住むイーリング・ブロードウェイの駅近くにある当店は、イーリングの住人たちがリピートする間違いのない店。日本人の舌にマッチする辛すぎないカレー類は、かといってココナッツ・ミルクの味が過ぎているといえばそうでもなく、なかなかのハーモニーでご飯も進みます ^^ ココナッツ・ミルクが苦手という方は、ちょっぴりチリの量が多いパンチの効いたジャングル・カレー(Gang Pha)がおすすめです。

夜ならいろいろ頼んでシェアしてみてください♪

夜ならいろいろ頼んでシェアしてみてください♪

夜になるとアンビエントな照明でカジュアル・デートにも使える雰囲気美人に。ちょっぴりゴージャスに自慢の魚料理を頼んで、スペシャルなひとときをどうぞ☆

ランチ・セットはかなりお得〜

こぎれいにしてます ^^

昼間なら前菜とメイン+ご飯付きのお得なランチ・セットがあるのでご近所に来られたら試してみてくださいね。これを読んでいるあなた、もう舌がタイ料理を欲していることでしょうw さぁ、ご近所のタイ料理屋さんに走りましょう!

33 Haven Green, London W5 2NX

店名Fat Boys, Ealing
最寄り駅Ealing Broadway
住所33 Haven Green, London W5 2NX
電話番号020 8998 5868
営業時間毎日 12:00 – 15:30 / 18:30 – 23:30
URLhttp://www.fatboysthai.co.uk/?p=branch&branch=ealing
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す