ブルースとスモーク・リブとバーボンと

0

th_BluesKitchen_banner

The Blues Kitchen ブルース・キッチン

大小のミュージック・ヴェニューがひしめくカムデン・タウン。毎夜毎夜そこかしこでライブ・ミュージックが鳴り響くこの街に5年前にお目見えしたディープなアメリカン・ブルースをテーマとしたダイニング・バーがこちら。

エントランスにはテキサス・ブルースの巨人、ライトニン・ホプキンスのイラストが☆

エントランスにはテキサス・ブルースの巨人、ライトニン・ホプキンスのイラストが☆

コンセプトは店名の「Blues Kitchen」に現されている通り。本格的なディープ・サウス・ブルースを中心に、ソウルやブルース・ロック、ジャズ・ブルースなどの渋めライブ音楽を毎夜見ることができるライブハウスであるのと同時に、テキサス風バーバキューやスモーク・リブ、ジャーク・チキンなど、本気で旨いアメリカ料理をたっぷりと味わうことができるロンドンでも貴重なダイニングでもあります。

月曜日は自家スモークしたリブ・ナイト!

月曜日は自家スモークしたリブ・ナイト!

そして当店で調理しているミートは100%オーガニック! 自慢料理の一つに、自家燻製したミートがあります。クルミの木やオークをミックスしたチップ で12時間から16時間かけてじっくりとスモークしたポーク・リブやビーフ・リブは、セントルイス風。またアメリカ料理をよく知る人から本場と同じ味を楽しめると言われているのが、ピリ辛味がクセになるバッファロー・ウィング☆  シェア・プレートもいろいろありますので大勢で分け合って食べるのがおすすめです。

定番のチーズバーガーと、キャットフィッシュのジャンバラヤ

定番のチーズバーガーと、キャットフィッシュのジャンバラヤ

それから他のレストランではあまり見かけたことがないと思ったのは、キャットフィッシュ(ナマズ)のジャンバラヤ。ロングライスのジャンバラヤの上に、臭みなくほどよい味付けでソテーされているキャットフィッシュがのっかり、クレイフィッシュ(ザリガニの一種)のソースでいただくお一人様用ジャンバラヤはなかなか美味しかったです ^^

ボリュームたっぷりのデザート類はシェアがおすすめ ^^

ボリュームたっぷりのデザート類はシェアがおすすめ ^^

デザートはアメリカンの王道。ボリューミーで甘〜いもので締めたい方は、日本人なら一つを2人くらいでシェアするのがちょうどいいかも ^^;  パフェはご覧の通りクリームたっぷり、そしてオレオ入りのミニ・ドーナッツはシーソルト・チョコレート・ソースにディップしていただきます♪

手前のダイニング・エリア

手前のダイニング・エリア

アメリカン・バーと聞いて忘れてならないのは、バーボンとライ・ウイスキー。当店ではヴィンテージを含む100以上の銘柄を揃えているので好事家の皆様はぜひお運びを。

奥に長細い店内は、手前がダイニング、奥がバーになっています。わざとくたびれた様子に仕上げたディテールがシャビー・シックを演出し、肩の力を抜いて聞きたいブルースにはぴったりのインテリア。オープン直後からランチもディナーもけっこう混んでいるので相当な人気店のようです。これからの季節、気のおけない友達とのパーティーにも活用できそう☆

このカムデン・タウンの店が大ヒットしたことから、現在はショーディッチとブリクストンというヒップなエリアに2号店、3号店を出店。今後も需要のありそうなエリアに新店舗ができていく可能性大です。

111-113 Camden High Street, London NW1 7JN

店名The Blues Kitchen
最寄り駅Camden Town / Mornington Crescent
住所111-113 Camden High Street, London NW1 7JN
電話番号020 7387 5277
営業時間月・火 12:00 - 00:00 水・木 12:00 – 1:00 金 12:00 – 3:00 土 10:00 – 3.30 日 10:00 – 1:00
URLhttp://theblueskitchen.com/camden/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す