好事家を呼ぶワインとタパス

0

th_Social Wine Tapas_banner

Social Wine & Tapas   ソーシャル・ワイン&タパス

メイフェアにある「Pollen Street Social 」を皮切りに、「Social Eating House」「City Social」などロンドン市内に7店舗のファイン・レストランを展開するセレブ・シェフ、ジェイソン・アサートンさんが手がける初めてのタパス・バーがこちら。ほとんどの店舗に「Social」(社交)という名が付けられているところに、ジェイソンさんのレストラン哲学が感じられるような気がします ^^

地下の奥にあるテーブル席。デートにぴったり♪

地下の奥にあるテーブル席。デートにぴったり♪

私が訪れた全てのアサートン・エンパイアに共通しているのは、その洗練されたインテリアと安定した料理のクオリティ。とくにSOHOにある「Social Eating House」は、そのシビれるようなインダストリアル系インテリアとハイエンドな食クオリティの一心同体ぶりが素晴らしいのですが、マリルボーン・エリアに今年春にオープンした当店も、大人の雰囲気という点では負けず劣らずの洗練ぶり。ぐっと照明を落とした「大人のワイン・バー」という形容詞がぴったりで、オープン直後からすぐに予約が取れなくなる人気ぶりを発揮しています☆

上は地上階のカウンター席、下2枚は地下スペース

上は地上階のカウンター席、下2枚は地下スペース

入り口を入って最初に目に入ってくるのは右手のウォールにぎっしりと並んだワインの棚、そして親密な会話を交わしながらグラスを傾けるのにぴったりのL字型カウンター。その奥から降りていくほの暗い地階には、小さなバー・カウンターと少人数グループが座るのにちょうどいいテーブル席が並ぶ有機的なスペースが広がっています。

ワインに合うモダン・タパス☆

ワインに合うモダン・タパス☆

おつまみは季節の地物素材を使ったモダンなスペイン・タパス♪ パン・コン・トマテ、パドロン・ペッパーなどクラシックなメニューは少数派で、塩ダラのブランダード+自家製ポテトチップス、ベイビー・キャロットとナス・ペースト+クルミのペースト、アーテョチョークのローストとポーク・チーク+ダック・エッグなど、一工夫ある小皿料理が大充実しています。もちろん、上質の各種生ハムやチーズを揃えているのはお約束 ^^

さて、肝心のワイン・リスト。グゼクティブ・グループ・ヘッド・ソムリエのロール・パートリーさんが責任をもって選りすぐったリストには、グラス・ワインを4.50ポンドから15ポンドまでヨーロッパ産の赤白各15種類が含まれているのでテイスティングにはもってこい。ボトルはフランスを中心にヨーロッパやニューワールドの名産地から独自リストを作成しているので好事家の皆さんはぜひお目通しを。マグナム、ジェロボアム、レオボアム、メトセラー(6リットル!)、サルマナザール(9リットル!)まで、特大ボトルでのお祝いも可能。ともかくソムリエさんにご相談を♪ ワイン・ショップにもなっているので気に入ったボトルを購入することも可能です。

ボンド・ストリート駅からすぐそば、レストランが軒並み続くJames Street沿いという好ロケーションに今年夏に登場した、頼もしいオプションです♪ 10名くらいが座れるプライベート・ルームもあり。

39 James Street, London W1U 1DL

店名Social Wine & Tapas
最寄り駅Bond Street
住所39 James Street, London W1U 1DL
電話番号020 7993 3257
営業時間月〜土 12:00 – 22:30(14:30 – 17:30はバー・メニューのみ)
URLhttp://www.socialwineandtapas.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す