奇抜なデコレーションに釘付け

0

th_Bridge_banner

The Bridge ブリッジ

レトロなサイン・ボードやネオン、キッチュなオーナメントにダーク・ウッドのカウンター、アンダーな照明……。一旦、店に入ると外界から完全にシャットアウトされ、1930年代のマンハッタンの下町バーに迷い込んだかのような不思議なアンビエントを漂わせる1階バー・カウンターで飲み物を注文して2階に上がると・・・・

th_Bridge1

1階の雰囲気、伝わるかな?

1階の雰囲気、伝わるかな?

今度は打って変わってアラジンの洞窟に入り込んだかのようなキッチュなデコレーションに目が釘付け(笑)。ゴールドとレッドを基調にしたシャビーなパレス風ヴィンテージ・インテリアの妖しい空間が広がります。日が暮れた後はさらに独特の雰囲気に磨きがかかり、ロンドンで最もユニークなカフェの一つと言われるのも納得の個性を発揮。かなり落ち着ける場所なので恋人同士や気の置けない友達との親密な会話を楽しんでいると時間が経つのも忘れそうです。

カクテルからコーヒーまで、何でもござれの便利バー

カクテルからコーヒーまで、何でもござれの便利バー

左は名物のエスプレッソ・マティーニ。意外とさらりとした喉越しがやみつきになります ^^

左は名物のエスプレッソ・マティーニ。意外とさらりとした喉越しがやみつきになります ^^

夜も更けて再びお腹がすいてきたら、トルコ風のパイ「ボレッキ」やキッシュなどの軽食と、リクエストで何でも作ってくれるカクテルもぜひ。1階カウンター奥に鎮座しているのは、翼を広げたワシのロゴと美しいフォルムが目を惹くイタリアはエレクトラ社の名エスプレッソ・マシーン、ベルエポック。一部で東ロンドン一との呼び声も高いエスプレッソ類だけでなく、キプロス島出身オーナーのバックグラウンドを反映したトルコ・コーヒーもあります。

意外とあっさりといただけるフランス風ケーキ類や甘〜いバクラヴァと一緒に午後のティータイムや食後のデザート・タイムを楽しめ、グループがアルコール派とノンアルコール派に分かれていても問題なし。本当に重宝するカフェ・バーなのです。

右は1階奥にあるライブ・スペース。ブルースとかたまにやってます。

右は1階奥にあるライブ・スペース。ブルース・バンドとかたまに演奏してます。

2009年オープンにもかかわらず、すでに何十年もそこにあるようないぶし銀の佇まいを醸し出しているファンの多い当店。古いキャッシャーを使っているので、支払いは現金のみです。

15 Kingsland Road, London E2 8AA

店名The Bridge
最寄り駅Old Street / Hoxton
住所15 Kingsland Road, London E2 8AA
電話番号020 3489 2216
営業時間月 11:00 - 22:00 火・水 11:00 - 01:00 木〜土 11:00 - 02:00 日 11:00 - 23:00
URLhttps://www.facebook.com/thebridge15/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す