貫禄と心安さと実力と

0

th_anchor-and-hope_banner

The Anchor & Hope   アンカー・アンド・ホープ

かつて「モダン・ブリティッシュ」というカテゴリーがまだ新鮮だった20年以上前、革新的なイギリス人シェフ、ファーガス・ヘンダーソンが生み出したクラーケンウェルの「St John」はグルメたちの数少ない救世主でした。そしてロンドンにまだ「ガストロパブ」という概念さえない時代に、レストラン・クオリティの食事をサーブするパブとしてカルトな人気を誇っていた「The Eagle」。この二つの人気店を経験したシェフとマネージャーが新たな息を吹き込み、ガストロパブとしての名声を打ち立てたのが、Waterlooの庶民的なエリアにあるアンカー&ホープです。

th_anchor-and-hope1

アンカー&ホープというパブの歴史はよく分からなかったのですが、今のチームになってからは10年以上経っていると思います。なにせその頃はガストロパブの数も限られていて、当店は現チームになってから何度も賞を受賞している筋金入りの店。予約を取らないのでなかなか来る機会がなかったところ、今回初めて試すことができました ^^

このハウスワイン、美味しかったです♪

このハウスワイン、美味しかったです♪ 右はバーエリア。ご近所さんが頻繁に訪れている模様

お味のほうは・・・ウワサに違わない上質ガストロパブといった印象。とくにラタトゥイユにヒヨコ豆のフリッターを添えたベジタリアンの一品が美味しく、同じく評判の姉妹店Great Queen Streetの味を彷彿とさせます。個人的にはGreat Queen Streetのほうが好みですが ^^ ちなみにハウスの白ワインはたぶん125mlくらいですが2ポンド代と良心的、しかもとても美味しかったのです。

左がラタトゥイユにリコッタとヒヨコ豆のフリッターを添えたもの。右上はスモークした鰻にセロリアックのコールスローを添えたものだったかな。

左がラタトゥイユにリコッタとヒヨコ豆のフリッターを添えたもの。右上はスモークしたウナギにセロリアックのコールスローを添えたものだったかな。ウナギは味はいいですが身は少し固め

右上はハトのグリル。

右上はハトのグリル、ポレンタ&パプリカの薬味を添えて。パプリカのソースが美味しい☆

このグループ店は、デザートはハズレないと思います。このタルトもストロベリーのポーチ具合からケーキの甘さまでパーフェクト。この倍はペロリといけそうな勢いで食べてしまいました。

th_anchor-and-hope5

週後半のディナー時間はさすがに混みますが、平日前半のオープン直後くらいなら問題なく座れると思いますので、Young Vicあたりに観劇に来られた前後にぜひぜひ足を運んでみてくださいね。

あああ

外からの印象と中に入ってからの印象はちょっと違う。気取らない庶民的なパブです

36 The Cut, London SE1 8LP

店名The Anchor & Hope
最寄り駅Waterloo
住所36 The Cut, London SE1 8LP
電話番号020 7928 9898
営業時間月 17:00 – 23:00 火~土 11:00 - 23:00 日 12:30 - 15:15
URLhttp://www.anchorandhopepub.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す