そこは秘密のバー:冒険家ミスター・フォッグの家へようこそ

0

th_mr-foggs-residence_banner

Mr Fogg’s Residence  ミスター・フォッグス・レジデンス

誰にも教えたくない隠れ家バーというのはあると思うのですが、このMr Fogg’sはまさにそんな気持ちにさせるバーの一つです。 そこはメイフェアの裏通り。入り口に店名は掲げられておらず、バウンサーが一人立っているだけ。まるで会員制バーのような敷居の高さはあるものの、入り口に行けば(混雑していなければ)普通に入れてくれるのでご心配なく。

エクスクルーシブな雰囲気漂うエントランス

エクスクルーシブな雰囲気漂うエントランス

中に入ると・・・天井の高い広々とした空間に圧倒され、元パブとは思えない個性あふれるゴージャスさ! ここはヴィクトリア朝時代の冒険家、ミスター・フォッグが世界中から集めてきた奇妙奇天烈なオブジェが並ぶ彼の自宅・・・という設定で、まぁとにかくそのインテリアは一見の価値あり。シロクマの皮、ワニの剥製からゾウの足、古い地球儀や万国旗、ミスター・フォッグ・ファミリーの古びた写真などなど、ちょっぴりエキゾチックな雰囲気もまた魅力なのです。

th_mr-foggs-residence1

一度訪れるとまたやって来たくなるというのはこのバーを訪れた人の常らしく、メイン・スペースはリピーターたちでたいていいつも混雑しているのですが、ご安心を。右手奥にテラスへと続くドアがあり、案内されたらこちらに座ってみましょう。

少人数で訪れると会話がはずむ素敵テラス

少人数で訪れると会話がはずむ素敵テラス

th_mr-foggs-residence2

ほんのいくつかテーブルが並んでいるだけのテラス席は、冬でも十分に暖かくてコージー。この時期はクリスマス仕様になっていて、余計に居心地よさが増しています。

さて、カクテル・メニューも古めかしいヴィクトリアンな作りで見応えあります。ページをめくっているだけで、まるで100年前のバーにタイムスリップしたかのような錯覚に。カクテルには一家言あるという好事家さんなら年代もののスピリットを使ったヴィンテージ・カクテルはいかが? お好みの飲み物を選んだら、さぁ、作法のゆきとどいたウェイターさんの気持ちのよい給仕を受けましょう♪

カクテルよりも赤ワイン!  二人でボトルを頼んでちびちびと楽しみます ^^

カクテルよりも赤ワイン! 二人でボトルを頼んでちびちびと楽しみます ^^

おつまみのポークパイ、なかなか美味しいです

おつまみのポークパイ、なかなか美味しいです

ここはおそらく2013年頃のオープンなんですが、今年から土日の午後は「Tipsy Tea」をサーブ! ミスター・フォッグの素敵な自宅でシャンパンやジンをミックスしたお茶と一緒にサンドイッチやお菓子をいただくことができます ^^

th_mr-foggs-residence5

th_mr-foggs-residence6

オーナーはイートン校出身の若きパーティー・スペシャリスト。他にもコベント・ガーデンにミスター・フォッグ系の店があるのと、別系列のバーも経営している敏腕事業家なのですね。

バーの利用でも予約はできるので、必ず座りたいという方はぜひ予約してから訪れてくださいね。予約してないと入り口でバウンサー氏に「30分後に戻ってこい」と言われたりしますが、 30分後に来ないと永遠に中に入れなくなってしまう人気店であることをお忘れなく。

15 Bruton Lane, London W1J 6JD

店名Mr Fogg’s Residence
最寄り駅Green Park / Piccadilly Circus
住所15 Bruton Lane, London W1J 6JD
電話番号020 7036 0608
営業時間月〜水 17:01 – 1:01 木・金 16:01 – 2:01 土 14:01 – 2:01 日 15:01 – 00:01
URLhttps://mr-foggs.com/residence/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す