ディケンズゆかりのパブとマリーナの眺め

0

th_Dickens Inn_banner

The Dickens Inn  ディケンズ・イン

ロンドン塔すぐ東隣にある「St Katharine Docks」は、13世紀からその歴史を刻んでいるロンドン中心部で唯一のマリーナ。一時は閉鎖されていましたが、1990年代に行われた再開発で蘇り、ここ数年は元気のいいチェーン店や独立店がしのぎを削るレストラン&ショップ・エリアとして再注目されています。

そんなセント・キャサリン・ドックスの一画に、何世紀もの歴史を経て佇んでいるパブがあります。それがいっときは文豪チャールズ・ディケンズのお孫さんが経営していたという「ディケンズ・イン」。3階建て木造建築の威容は一目見たら忘れられない古めかしさなのです。

すごい建物でしょう? ^^

すごい建物でしょう? ^^

th_Dickens Inn_1

建物はもっと以前、18世紀頃の再開発ですぐ近くのロケーションからこの場所に移築されてきたとのこと。今でもオリジナルの梁と鉄骨が使われているそうです。1階のバー・エリアは長くてダークな梁が何本も渡る低い天井いかにも中世のパブといった趣をそのまま残し、ほの暗い空間でぼそぼそとした会話を楽しみたい居心地のよさがあります。ここでも素敵なパブ・フードを食べられるみたいですが、おすすめは2階にあるピッツァリア!

th_Dickens Inn_3

春夏はテラス席がよさげです♪

春夏はテラス席がよさげです♪

窓際に座ってマリーナを見下ろすのんびりランチをとれば、ロンドンにいながらにしてホリデー気分を味わえること間違いなし。もちろん春から夏にかけてはテラス席が最高でしょう♪

左はアンティパストの盛り合わせ

左はアンティパストの盛り合わせ

なかなか美味しいピザでしたよ ^^

なかなか美味しいピザでしたよ ^^

小・大・特大とピザのサイズを選べるシステムで、写真は一人前の小ですが、いろいろな味を試したい少人数グループなら小さいピザをたくさん注文するのもいいのかも。でも人数が多い場合は、いちばん大きな「Beast」(化け物!)というサイズを注文すると、38cm x 58cmの巨大スクエア・ピザがデンと登場して楽しくシェアできるみたいですよ ^^

タワー・ブリッジやロンドン塔の観光に来たときや、ほっとしたのんびり気分で休日の午後を過ごしたいときにおすすめです。

Marble Quay, St Katharine’s Way, London E1W 1UH

店名The Dickens Inn
最寄り駅Tower Hill / Tower Gateway
住所Marble Quay, St Katharine’s Way, London E1W 1UH
電話番号020 7488 2208
営業時間月~水 11:00 - 23:00 木〜土 11:00 - 00:00 日 12:00 – 22:30
URLhttp://www.dickensinn.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す