スピリットと密着できる場所

0

th_Spiritland_banner

Spiritland   スピリットランド

スピリットランド。なんて素敵な響きだろう♪  と思ったのが、最初の印象。キングス・クロスの再開発地区、ロンドン大学芸術学部セントラル・セント・マーチンズの裏手に2016年9月に誕生した「サウンドの質を極限まで追求した」、音をとことん楽しむためのクールなカフェ・バーの名前です ^^

th_Spiritland_1

仕掛人はラジオの世界で活躍するサウンド・エンジニア、ポール・ノーブルさん。そして彼の指揮の下、世界最高品質の音を実現しているのは、伝説のスピーカー開発者である職人エンジニア、ケビン・スコットさんが品質を管理するLiving Voice社。30年にわたってビスポーク・サウンドを追求するスピーカーやシステムの高級メーカーです。つまり最高の音を知るサウンド・オタクたちが、一縷の妥協も許さずに実現した夢のサウンド空間が、スピリットランドなのです。

th_Spiritland_2

th_Spiritland_9

店内にはDJブースがあり、ほぼ日替わりで「ロンドンを代表するトップDJが回すサウンドを、世界最高峰のシステムで楽しめる」という非常にぜいたくなカフェ・バーでもあります。私がお邪魔した日は日本人DJとして長らくロンドンで活躍しておられる坂井浩一 Koichi SakaiさんのDJ!!

th_Spiritland_4

この日は大人の空間にぴったりの素敵ミュージックを選んでくれた浩一さん♪ 細野さんやはっぴえんど、ユーミンなどもかかってたかな♡

th_Spiritland_5

SpiritlandのためにビスポークされたDJシステム♪

坂井さんのDJを知る友達に言わせると、場所に合わせていつもはポップなラテン系で攻める彼らしいのだが、この日は日本の懐かしい音も含めて、全く違う音の世界を聞かせてくれた・・・やはり、空間に合わせるとそうなるのかもしれません。

th_Spiritland_6

純粋に音を追求している当店だけに、アルコールを提供することが目的ではないと言わんばかりに朝は8時から営業。そして週後半は深夜1時半までオープンし、美しいサウンドに身を浸すための長い時間を提供してくれるのです ^^   ゆえに朝ごはんからランチ、バー・スナックまで軽食類も豊富。夜はシンプルで美味しいタパス・メニューもあります♪   もちろん時間を問わずコーヒーやティーだけでもOK。音を楽しむことを中心に据えているので、飲食オーダーがフレキシブルなのも嬉しいです。

レッドペッパー・フモス、旨い!  カリカリのポテトもいい感じでした。

レッドペッパー・フモス、旨い! カリカリのポテトもいい感じでした。

店内にはラジオ放送やストリーミング、DJショー、トーク・セッションやレコーディングなどに使える「Spiritland Sound Studio」があり、折に触れて使ったり貸し出されたりしているようです。また店内にはオーディオ機材を展示しているほか、実際に販売されているものもあるのかも。実は当店オープンの翌年、メイフェアに同経営の「Spiritland Headphone Bar」と名付けられた高級ヘッドフォンのショールーム兼販売店がオープンし、音のクオリティを追求する音楽ラヴァーたちの巡礼地の一つとなっているのですね。

th_Spiritland_8

右がラジオ・スタジオ。中も見えちゃうよん。

th_Spiritland_3

DJにもよるのかもしれないけれど、音が(日本人の)会話を妨げるほど大きくないのも私にはグッド・ポイントでした。豊かな音を満喫しつつ、ちゃんと会話も楽しめる大人のカフェ・バー。人のスピリットは音に反応し、魂を揺さぶります。最上質のサウンドで音楽を聞いてみたい方は、ぜひぜひ足を運んでみてくださいね♪

ちなみに次回の坂井浩一さんのDJは、6月24日(日)17:00 – 22:00。胸がキュンとなるような日本のサウンドに出会えるかも ^^ 要チェック!!

9-10 Stable Street, London N1C 4AB

店名Spiritland
最寄り駅Kings Cross St Pancras
住所9-10 Stable Street, London N1C 4AB
電話番号
営業時間月・火 8:00 – 00:00 水〜金 8:00 – 1:30 土 10:00 – 1:30 日 10:00 – 22:00
URLhttp://spiritland.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す