ガストロパブ、みやびに現在形

0

th_Coach Makers Arms_banner

Coach Makers Arms  コーチ・メイカーズ・アームズ

最近「美味しいサンデーローストを食べられる店ってない?」と聞かれたら、ガンガンお勧めしていることにしているパブがこちら。マリルボーンの裏通りに面したCoach Makers Arms。昨年末くらいに美しくリニューアルされ気になってはいたのだが、グルメな友人が美味しさのあまり通っているというのを聞いて、これは行ってみねば! と訪れてみたら、さすがThomas CubittやThe Grazing Goatといった人気のガストロパブと同系列だけあり、内装も料理も今のロンドンらしい洗練されたスタイルで堪能させていただきました♪

左は2階ダイニング

左は2階ダイニングの様子

1世紀以上を経た建物は歴史の彫りも深くハンサムなのはもちろんのこと、内装も現代的な要素を取り入れつつもパブらしさを損なわない範囲でエレガントに刷新されています。ウッドパネルと革ソファに落ち着く1階のバーでは英国パブの醍醐味を味わっていただけること請け合いですが、ゆっくりと食事をしたいなら、2階ダイニングの予約がおすすめ^^

2階ダイニング。奥の窓際がおすすめ♪

2階ダイニング。奥の窓際がおすすめ♪

邸宅風を演出する壁にかけられた肖像画以外、ほとんどデコレーションらしきものがないにもかかわらずどこか瀟洒な女性らしさを感じられるのはアール・デコ調の美しい飾り窓のせいかもしれません。広さもちょうどよく、気持ちよくエレガントに食事を楽しむのに最適な空間でした。

右はカニサラダとマスの前菜。塩気が完璧で美味しい。左下はトリュフ&パルメザン風味のチップス☆

右はカニサラダとマスの前菜。塩気が完璧で美味しい。左下はトリュフ&パルメザン風味のチップス☆

メニューは伝統のパブ料理にひねりを加えたモダン・ブリティッシュ。ガストロパブとレストランの線引きは、料理に関して言うともはや意味をなさないものになっていますが、私見ではどんなに現代風に工夫しても「ハートにほっこり響く料理」を出すのがガストロパブの矜持なのだと思っています。そういった意味では、ここの料理はかなりスタイリッシュではありますが、お皿に盛られた量や盛り付けなどを考えるとしっかりガストロパブの範疇内。安心していただける安定した味の良さも印象的でした。

アーティチョークを使ったベジタリアン料理。中にチーズ・ソースが詰まってた!! 驚き&美味♡

アーティチョークを使ったベジタリアン主菜。中にチーズ・ソースが詰まってた!! よく見たら頭のところが帽子状にカットされてる。驚き&美味♡

ラム料理。イエローとグリーンのズッキーニが添えられ、ナッツ風味のピューレとの相性もよし。メニューは季節によって変わるので色々チェックしてみて。

ラム料理。イエローとグリーンのズッキーニが添えられ、ナッツ風味のピューレとの相性もよし。メニューは季節によって変わるので色々チェックしてみて。

お料理はかなり手が込んでいます。当然のことながらレストラン・レベルだけど、むしろそれ以上。そしてメインでも20ポンド以下に抑えてあり、とても良心的でパブという飲食形態を意識していると思いました。

デザートにはアップルパイを! りんごの甘煮の酸味もちょうどよく、ストウブのミニシリーズで焼いたパイ生地は上出来。イギリスではアップル・パイをいただく機会が大変多いですが、シーソルト・キャラメルのソース、バニラ・アイスクリームとの相性といい、ここのアップル・パイはトップクラス! 甘党の方はぜひ♡

th_Coach Makers Arms_6

アップル・パイ美味しいです♪

アップル・パイ美味しいです♪

ところで、ここはパブなので日曜日はロースト料理も出します。実は、私はまだ食したことがないのですが、何人かの友人がすでに試し済み。写真を送ってくれたのでシェアさせていただきます ^^

日曜のローストビーフ! 美味しかったって♪

日曜のローストビーフ! 美味しかったって♪

パブらしい気安さとレストラン・レベルの料理に酔える場所。今のロンドンのガストロぱぶを知りたいあなたへ。

88 Marylebone Lane, London W1U 2PY

店名Coach Makers Arms
最寄り駅Bond Street
住所88 Marylebone Lane, London W1U 2PY
電話番号020 7224 4022
営業時間月・木 11:30 – 23:00 金・土 11:30 – 23:30 日 11:30 – 22:30(1階バーは10:00からティータイム・オープン)
URLhttp://thecoachmakersarms.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す