フランス語圏のとっておきグルメ大集合!

0

th_Authentique Epicerie and Bar_banner

Authentique – Epicerie & Bar  オーセンティックエピスリー&バー

ここのところ少し雨がちだったロンドンも、やっと春らしい気温が安定してきました^^  晴れやかな日には友達と一緒に美味しいワインやチーズで本格的な春の到来を祝福したくなリますね♪

本日ご紹介するのは破竹の勢いで人気を増しているグルメ食品店+ワイン・バーです。昨年、北ロンドンのKentish Townに登場したAuthentique – Epicerie & Bar(フランス語風に読むと”ウーソンティック”です ^^ )。店内には極上のフランス食材やワインがいっぱい。今やご近所さんにとってはなくてはならない存在として、社交ライフをカジュアルに彩っています。

と言っても、じつは賞味できるのはフランスの食だけではありません。世界12地域のフランス語圏のグルメ食材を扱っているとのことで、そのチョイスは目を見張るほどに豊富。ウェブサイトによると650銘柄を超えるワイン、75銘柄を超えるクラフト・ビール、そして500種類を超えるトップ・クオリティの食材を扱っているとのことで、食いしん坊のあなたなら食品や飲料が並ぶ美しい棚をず〜っと眺めていたいと思うことでしょう^^

th_Authentique Epicerie and Bar_1

フレンチ・ブルー♪

グルメ食材ぎっしりのエピスリー♡

グルメ食材ぎっしりのエピスリー♡ デザートも置いてますよ。

スペースはエピスリーとバーに分かれています。バーでは季節に合わせて選ばれた約15種類のグラス・ワイン(もちろんボトルで注文すれば650の銘柄から選べます!)、2種類のドラフト・ビール(ボトルなら75銘柄!)、そしてハムやチーズ、パテなど極上のアルチザンおつまみの数々をいただけます♡

バーはけっこう広いです

バーはけっこう広い。木がたっぷりで清々しいインテリアです♪

ほんのり甘さが残るサンドライ・トマト♡

ほんのり甘さが残るサンドライ・トマト♡ ワイン選びはもちろんスタッフの方のアドバイスも参考に!

チーズボード!

夢のフレンチ・チーズボード〜

とても美味しかったウサギ肉のパテ☆

とても美味しかったウサギ肉のパテ☆

気持ちよい空間なのです^^

気持ちよい空間なのです^^ パンはもちろんフランスパン〜

オーナーさんは、世界各地に暮らした経験のあるグルメな4名のフランス人男性たち。バーでは彼らがおすすめする選りすぐりのチーズやハム、パテやチャツネといったおつまみだけでなく、折に触れて本格的なポップアップ・キッチンを迎え、温かいモダン料理の数々も提供します。

ちなみに世界では29カ国でフランス語が公用語として話されているそうです。フランス、ベルギー、スイス、そしてカナダ。西アフリカの一部やマダガスカルもそうですね。ウェブサイトでは、当店で扱う12地域がどこかは明記されていないのですが、フランス、ベルギー、スイスのアルチザン食品は確実かと思われます。そして、毎月一つの地域をピックアップし、集中的にその地域のグルメ食品を紹介する取り組みもしているそうです。

運が良ければライブ音楽イベントもやってます!

運が良ければライブ音楽イベントもやってます!

私はここでフランス産のアプリコット、ルバーブの2種のコンフィチュールを買って帰ったのですが・・・あまりの美味しさに身悶えしましたw  なんだかんだ言って・・・やっぱりフランスの味センスには脱帽 ^^   フランス食材ファンは絶対集合!

114-116 Fortess Road, London NW5 2HL

店名Authentique - Epicerie & Bar
最寄り駅Kentish Town
住所114-116 Fortess Road, London NW5 2HL
電話番号020 3609 6602
営業時間火〜金 11:00 – 23:00(金は00:00まで)土 10:00 – 00:00 日 10:00 – 23:00
URLhttp://authentique-epicerie.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す