進化し続ける定番ガストロパブの実力

0

The Prince Bonaparte プリンス・ボナパルト

ロンドンの飲食業界に初めて「ガストロパブ」というカテゴリーができつつあった90年代半ばから、西ロンドンのガストロパブ・シーンを牽引してきたアイコン的存在がこちら。

どっしりとした頼もしい外観☆

どっしりとした頼もしい外観☆

オープン当初はステラ・マッカートニーも常連だったという当店は今でも近隣のスマートな住民に愛される飾らないご近所パブでもあります。店の中央に大胆に作られたバー・カウンター、オープン・キッチン、むき出しレンガにウッド・パネル、アクセントにはブラック&ホワイトの花柄ウォール・ペーパー…人気パブに欠かせない要素を全て兼ね備え、醸し出される雰囲気は抜群です。

伝統のラムチョップも美しい仕上がり

伝統のラムチョップも美しい仕上がり

こんなパブではビールを一杯飲むだけではもったいない。伝統のブリティッシュとインターナショナルなメニューが並ぶガストロ・フェアをお試しあれ♪

奥にあるダイニングで落ち着いたディナーも可能

奥にあるダイニングで落ち着いたディナーも可能

バラエティに富んだメニューは旬の素材を使ったガストロ・フェア☆

バラエティに富んだメニューは旬の素材を使ったガストロ・フェア☆

ヨーロッパにとどまらず、アジアや中東の影響を受けたトレンディな響きのメニューが並び、季節毎の実りを楽しませてくれます。日曜日はもちろんサンデー・ローストとイングリッシュ・プディングで決まり。パブらしさを失わずに進化し続ける英国パブの見本がここにあります。

 

80 Chepstow Road, London W2 5BE

店名The Prince Bonaparte
最寄り駅Royal Oak / Westbourne Park / Ladbroke Grove
住所80 Chepstow Road, London W2 5BE
電話番号020 7313 9491
営業時間毎日 12:00 - 23:00(キッチン:月〜金 12:00 – 15:00 / 18:30 – 22:00 土・日 12:30 – 16:00 / 18:30 – 22:00<日は21:00まで>)
URLhttp://www.theprincebonapartew2.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す