凛とたたずむパブ一輪

0

th_LadyOttoline_banner

The Lady Ottoline   レディ・オットリーン

ブルームズベリー地区を貫く大通りからちょっと奥まった場所に佇む、華のあるパブ・ダイニング。

うつくしく品のある外観

うつくしく品のある外観

店名は20世紀前半、文化人集団ブルームズベリー・グループの作家やアーティストたちをサポートした恋多き貴族女性の名にちなんだもので、今もそこはかとなく文芸の香りが…… ^^

シックなガストロパブの見本のような1階。料理も美味しい♪

シックなガストロパブの見本のような1階。料理も美味しい♪

ブリティッシュを意識しつつもフレンチのアクセントがよく利いているモダン・キュイジーヌは、間違いなくレストラン・クオリティ。さすがショーディッチにある定番ガストロパブ、プリンセス・オブ・ショーディッチを成功させたチームが関わっているだけあります。

舌の上でとろけるようなチキン・リバー・パテ、季節のアスパラガス、ビートルートで色づけしたトラウトなど、スターターもバラエティ豊か

舌の上でとろけるようなチキン・リバー・パテ、季節のアスパラガス、
ビートルートで色づけしたトラウトなど、スターターもバラエティ豊か

カレイのソテー、チキン・パイ、マッシュルームのリゾットなどガストロパブらしい佇まい

カレイのソテー、チキン・パイ、マッシュルームのリゾットなどガストロパブらしい佇まい

1階は気軽に立ち寄ってドリンクとスナックを楽しみたいパブ・スペース、2階は落ち着いて食事をしたい人のためにアンティーク家具でシックにまとめたダイニング・スペース(忙しいとき以外は閉まっています)。洗練されたパブ文化を堪能したいときにおすすめです♪

伝統のスティッキー・トフィーに加えてシャキっとしたルバーブが添えられたパンナコッタはモダンな装い。

伝統のスティッキー・トフィーに加えてシャキっとしたルバーブが添えられたパンナコッタはモダンな装い。

こちらは1階パブ、2階ダイニングはもっと親密な雰囲気が漂ってます☆

こちらは1階パブ、2階ダイニングはもっと親密な雰囲気が漂ってます☆

11 Northington Street, London WC1N 2JF

店名The Lady Ottoline
最寄り駅Holbone / Chancery Lane / Russell Square
住所11 Northington Street, London WC1N 2JF
電話番号020 7831 0008
営業時間月~土 12:00 - 23:00(ランチ15:00まで) 日 12:00 – 17:00
URLhttp://www.theladyottoline.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す