2分間のクリスマスの感動、ただ今拡散中!

0

uk new hoopla banner


ちょいと時間のかかるプロジェクトがスタートし、またまたご無沙汰してしまいました。ハロウィーンも終わってしまい、うかうかしてたら、クリスマスだってすぐ…。でも、世の中の人々はすでにクリスマス・モード? というか、クリスマス商戦は11月に始まります。毎年口火を切るのが、ご存知、ジョン・ルイス百貨店のTVコマーシャル。ウェブ上で6日(TVでは7日)に発表された直後から、ものすごい勢いで拡散中です。

とにかく速攻で心がジワ~と温かくなりたい方は、今すぐ、ここをクリック。ジョン・ルイスは毎年、少なくともTVコマーシャルでは消費者の期待に応えてくれていますが、それなりにプレッシャーもあるにちがいありません。けど、今年も、やらかしてくれました! メディアがいち早く取り上げたのも、例年どおりです。多くの英紙が記事を複数掲載。これだけパブリが成功すれば、ジョンもほっと胸を撫で下ろしたことでしょう。

ミラー紙によると、この2分間のTVコマーシャル製作費は約1万ポンド。ハートフォードシャー州にあるワーナーブラザーズのスタジオで撮影されそうです(制作クレジットをお知りになりたい方は、アドウィークをチェック)。なにしろ、24時間以内の反響は昨年大ヒットした「ペンギンのモンティー」よりも大きいそうなので、果たして売り上げにつながるかどうかは別問題として、スタッフは苦労の甲斐があったというわけです。

え、まだ観てない? で、どんなコマーシャルかって? それは観てのお楽しみなのですが、わたしは、『星の王子さま』が歳を取ったら絶対こんな姿にちがいない、と思いました。するとやっぱり、絵柄的にヒントを得ているのだそう。月に住む孤独な老人を演じるのは、なかなか味のある77歳のフランス人俳優、ジャンさん。じつはこれ、ジョン・ルイスが支援する高齢者への慈善事業、「Age UK」のキャンペーンの一環でもあるのです。

地球に住む6歳の少女、リリーちゃんを演じる子役の演技も見事。が、ジョン・ルイスのクリスマスCMが、かつてコカコーラが築いた(インスタントに感動を呼ぶ)路線を踏襲しているというインディペンデント紙の意見には、まったく同感。あなたの涙を誘うために流れる曲は、19歳のノルウェー人歌手Aurora が、Oasisの『Half the World Away』をカバー。これもヒットの予感? でもOasis ファンからは非難轟々ですって~。

P.S.  それにしても、この商品展開…ジョ、ジョンは本気で?

ablon3

serendipity blog もよろしく…

 

Share.

About Author

つつみけいこ

京都東山の生まれ。19歳から雑誌の仕事(編集者/スタイリスト/コーディネーター/ライター)に携わる。英国では、憧れのフローリストの下での花修行や、尊敬するアーティストが学んだカレッジで現代アートを勉強し、通算11年間のロンドンライフをエンジョイした。オーサカン(大阪人)となった今も、“心”はロンドナー。変わらぬ日課として読むUK のオンライン新聞から、旬なニュースをあぶそる~とロンドンのためにピックアップ。帰国後は本の翻訳を手がけ、この5月に『ヴェネツィアのチャイナローズ』(原書房)、2014年7月に『使用人が見た英国の二〇世紀』(原書房)、ほかを上梓。ロンドンで目覚めた世界の家庭料理チャレンジ&花を愛でる趣味ブログserendipity blogは、開設して6年目に。

コメントを残す