天使のカクテルをつくる元薬剤師のルイス

2

barvisit


LONDON BAR VISIT #4 (Madeira ver.)

先月訪れたポルトガル領マデイラ島でのお話

エジンバラにいる友人のジンジャー(元祖おじさん天使)が
ずいぶん前に言った言葉が、忘れられなかった…

「アトランティックの真珠、マデイラ島にすごい天使が
天国1 美味しいカクテルを作ってくれる天使がいるんだ!」

だから、私は、どんな事があっても
「滞在中に是非そのおじさん天使のカクテルを飲むんだ!」と決め

「明日は、街中のバーを足が棒になっても探すぞ!」

と意気込み天使探しに挑むつもりだった

そして…

なんともあっけなくその天使、見つけちゃったのでございます

 

泊まっていたホテルのラウンジに、バーがあって
私は、食前に一杯飲もうかな?と思ったそこに

「あ、いた…」

天使は、おじさんというよりも、お兄さん天使
若くてハンサムな天使でした!!!

 

天使の名前は、ルイス

「ねえ、ちょっとお話もきいていい? どうしてジンジャーを知っているの?」

「僕は、天国では薬剤師をしていて、友人のフラゴンが働いていた病院繋がりで
フラゴンを通してジンジャーと出会ったんだけど…」

あ~、この質問、最初にするんじゃなかった!
私は、ここから続く長話を聞くことになってしまいました

早く美味しいカクテルを飲みたいな…と、思いながら
その長く続く、ルイスが今に至るまでの話を聞いたのだけれど
ちょっと長すぎるから簡単に、すっごく短くすると

つまり

天国で真面目に薬剤師として働いていたルイスが
大酒飲みのジンジャーに頼まれて、カクテルを密造し始め
それを見つけた神様から798年の天国追放を言い渡され
追放後、地球を目指すが
ジンジャーのいるエジンバラは避けようと思って飛行中、突風に煽られ
アフリカ大陸の横にあるマデイラ島に不時着
この美しい島と優しい島民に感動した心優しいルイスは
「ここで天使のカクテルを作ってみんなにご奉仕する!」と決め
ホテルのバーで毎日美味しいカクテルを作り続け
すると、その噂は広がり、ルイスの作る
上品で美しく美味しく、ハッピーになる普通とはちょっと違う
[天使のカクテル] を求め
島民だけではなく、世界中から沢山の人が来るようになった…

ま、こんな感じなんだけれど

ルイスが天国でジンジャーに言われて作っていたカクテル
というものには、地球で飲まれているカクテルとは
中に入れるものがちょっと違うらしい

そもそも天国の薬剤師が処方する薬には

天国の山奥に生息する漆黒の花
(それは新月になると芽をほんの少しだけ出してゆっくりと成長を続ける貴重な花)
黄金に輝くの水晶
甘い甘い、それは甘くて楽しい香りのする小さな透明なスグリ科の実
そよ風が吹くと奏でる椰子の葉のような、バリバリとした猛獣のたてがみ
天国の海の底に生えている真っ青な珊瑚礁

 

こんな物が入っているそうだ
これらを全部一緒にカクハンして、小粒な真珠ぐらいの大きさに丸めて
お薬は出来上がるのだけれど

そこに少しだけお酒を入れるのが、ミソなんだって!

それが、効き目をかなりアップさせるらしくて
でも、ほんの少しだけ…
(それに目をつけたのがジンジャーなんだけれどね)

で、最後の仕上げにはね、光をあてるんですって!
その光には、底知れないエネルギーがあるらしくて
効き目が1000万倍にもなるらしいの…

ま、こんな風にしてルイスは薬剤師としてやっていたので
地球のこの美しいマデイラ島におりたって、素晴らしい材料を
たくさん見つけた時には、驚いて
で、それらを使ってまた薬剤師になって
人々の助けになろうと思ったのだけれど

「ルイス、君が作ってくれるカクテルは天国一美味しいよ!僕はこれを飲むと
本当にハッピーになることができるんだ」

というジンジャーの言葉を思い出して

「そうか、僕の使命は薬じゃなくて美味しいカクテルで島民をハッピーにすることだ!!!」

と薬剤師じゃなくて、バーテンダーになったのですって

「だから、僕はジンジャーには、今では感謝しているんです」

なんて、素直なルイスは、話してくれました

ま、こんな話を、ルイスはずーーーーーーーと、してくれて
やっとの事で

「食前酒ですね?では、世界で1番美味しいジントニックを作りましょう」

といって、作ってくれたジントニックは
本当に今までに飲んだことがない、幸せなカクテルだった…

食事をした後、私はまたバーに立ち寄って

「ルイス、食後酒も何かとびっきり美味しいものをお願い!」
と言って、作ってもらったカクテルは複雑で、奥深く、魔法の味がした

ルイスのカクテルを飲むと、エネルギーがアップする
という噂、これ本当のことらしい

バーの向こう側で丁寧にカクテルを創って
グラスを花やハーブで飾ってお客さんに出す前に

その人に合った宇宙からのエネルギーっていうのを
どうやらルイス天使は、最後に一滴垂らしているらしいの

薬剤師だった愛情深いルイス天使の創るカクテルは

あ~ やっぱり、天国一でした
そして、私はとてもとても

ハッピーになりました

th_madeira

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Quinta Jardins do Lago

ここのホテルラウンジのバーに、ルイス天使がいるから
是非是非行ってみて!!!

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

2件のコメント

  1. 島田カオル

    コメントどうもありがとう!
    ルイス天使の世界一のカクテルを飲みに行く行くツアー
    企画したら一緒に来る???

  2. カオルさま
    ルイス天使の創るカクテル飲みに行きたい!です。

コメントを残す