It’s time to….動くとき!

2

cafevisit


随分前から、気になっていて一度も行った事がなかったカフェに
やっと行ってきました!
このお店、季節の良い時だったらテラス席が最高!

でも、東京は
寒くもなく暑くもなく、そして蚊がいない時期、となると短い
その上先日行った時には、その条件を全てクリアーしていたのに
風が強かった

結局私は室内を選んでしまいました

本当は、昼間からテラス席でビールを飲みながら
ぼーっとしたかった、少し残念…

しかしあの日は、重要な仕事の打ち合わせだったので
風が強いテラス席は向いていませんでした
(打ち合わせの相手は、ビールを一緒に飲んでくれたと思うけれど…)

で、結局室内の奥の暗い席で
私達は、ビールも飲まずに、お仕事のお話をしました

とは言っても、私のお仕事って、楽しい事が中心だから
シビアなお金に絡む事以外は
いつも大概夢が広がり、話は盛り上がるばかりです

今回は、15年前に始まった
クロックンCDの腕時計版用パッケージデザインについてのミーティング

クロックンCDと言うのは、建築家の友人Y氏が思いついた
[きっと売れるはずの、アートな壁掛け時計]

th_Canal Cafe_TokyoY氏は、私ともう1人、時計のプロフェッショナルの
K氏を引きずり込んで、大金をつぎ込んで
プロジェクトをスタートさせたのです

私の部門は、一番楽しい、CDサイズの丸い時計盤用の絵を描くこと

で、Y氏は
「カオルちゃん、50枚描いて、1ヶ月で、悪いんだけど」
と、言ってきた!

「1ヶ月で50枚と言ったら、1日2枚?!?」
私は、どうしよう、出来るかなー?と思いながらも
なんだか愉快なそのプロジェクトに、全力で臨むことにした

まず、描くテーマを決めないと、と考えた結果
「It’s time to…、~をする時」で、決定

そして、そのテーマでタイトルを考え始めたら
なんとも楽しくなってきたのです
だって、これ、何だって考えられるでしょ!

眠れなくて、羊を数える時
ストレッチをする時
歯を磨く時
魚を食べる時
特別なペットを飼う時
整形手術をする時
掃除をする時
NYに行く時
アーティストになりきった時
髪を切る時
お金を使う時
ホリデーを楽しむ時
競馬する時
共食いする時
あなたのハートを弄ぶ時
靴下を選ぶ時
綱渡りをして街を横断する時
楽器を弾く時
コンピューターで仕事をする時
困った時
時計の周りに寄り添う時
ニタニタする時笑う時ニッコリ微笑む時

もう、果てしなくタイトルアイディアは出てきました
だから、後はそのタイトルに沿って絵をどんどん超特急で描くだけです

ちょっと横道にそれるけれど、私ね
絵を描いたり、こういうエッセイやストーリーを書いていて
分かったことがあるの

それは本当に驚くべきこと、いや、ホント、びっくり仰天の事実です

 

それが何かって言うと、人間の想像力って無限なんだなってこと
これを、私はつくづく感じた、ということなの

毎日毎日、次から次へと締め切りに追われながらも
頑張って楽しんでやればやる程、スピードはアップするし
その質も良くなっていく(ような気がする)

想像力や多作力って、訓練次第なのかな?と思った

筋肉をつけるのと同じで
毎日毎日のトレーニングをサボらないで続けていれば
ある程度は絶対に出来るようになる、そういうものだと思う

このクロックンCD、50枚の絵を描いた時にそんなことを感じ
そして、それからは急ぎで多めの仕事が入ってきた時でも
あー、こんなに出来るのかな~???なんてことで悩まず
あまりドキドキしなくなった…

というか、ドキドキはやっぱりしてしまう
でもその時に、「大丈夫大丈夫カオちゃんは絶対に出来るから!」って
言い聞かせながら手を動かし、隠れている力をなんとか引き出しちゃう
と言うのかな?

そう、頭を動かすというよりも、手を動かすのが
やっぱり重要なのだとお思う、筋力トレーニングと同じ

悩むより動け!

ホント、隠れているんです、その力はいくらでも誰にでも!

さて、それてしまった横道から戻りましょう
クロックンCDの話です

1ヶ月後に、無事に50数枚の絵が出来ました
そして、時計も製品になりハンズなどの店頭に並び始めました
後は、売れるのを待つばかり…

Y氏の思惑通りには行かず、時計は売れなかった

Y氏には、借金が残ってしまった
だけど私には、50数枚の丸い絵が残りました
時計が売れなくて、残念だったけれど
私にとっては、50枚の貴重なシリーズ物が手元に出来たのだから
これ以上の幸せはありません

いつの日かこれが、また何かのカタチになるはず!
と信じれば、それもまた楽しいし

そう、そして15年があっという間に経った時に
その日はやっぱり、予想通りやってきたのです

K氏から
「あの絵で腕時計を作ってみたいと思っているのだけれど、イイかな?」
という連絡から始まって、去年のプレ販売
そして今年それを本格的に売り出すという私たちの作戦は
今着々と準備が進められている

思わず買いたくなる!誰かにプレゼントしたくなる!
そんな楽しい腕時計!です

15年の時を経て甦える腕時計
[It’s time to…]

もしかしたら、貴方にもピンとくる時計があるかもしれないから…

どうぞ楽しみにしていていて下さいませ!

乞うご期待

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【きょうのヒント】
これはすぐ分かっちゃうな~
神楽坂下の気持ちのイイ~、カフェといえば…わかるでしょ?

ここは、どこに座るか迷ってしまう楽しいカフェで
ボーッとしていたら、絶対になにか良いアイディアが浮かぶはず!

【前回のこたえ】
GREEN
東京都港区南麻布4丁目1-29広尾ガーデン2F

*クロックンCDとは?

50画像入りのCD時計を購入し
自由にプリントアウトして絵を貼れば
50の絵柄時計を楽しめる、と言う壁掛け時計

P。S) 毎日It’s time to…の画像をアップしています!
こちらから覗いてみてね!

 

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

2件のコメント

  1. 島田カオル

    石合文子先生!
    コメントにたった今気がつきました!どうもありがとうございました!!!
    北海道でのゴルフはなんとかなりました…^_^;
    こちらでも、練習を続けて、次回お目にかかるときには、少し上達していたいと思っています!
    また、あぶそるーとも、覗いてくださいませ!!!お元気で!

  2. 島田様
    楽しい絵を観させていただきました。素晴らしいですね。絵の世界も私の生きているプロゴルファー世界もやり続づけるには心身共に健康が大切ですね。芸術家で一流を極めるのも素晴らしいです。ゴルフが少しでも上達するようにお手伝いをいたします。また来週お待ちしています。

コメントを残す