出会いの連鎖をドンドン起こす

0

cafevisit


このカフェに座っていたら、ロンドンのCanary Wharfのカフェを思い出した
ビジネスマンが出たり入ったり
打ち合わせをしていたり、パソコンで仕事していたり
皆んなとにかく忙しそうに動いている、この空間の活気度は高かった

活気度、と言えば先日ロンドンから帰国した友人、紀子ちゃんに誘われて
【BNIジャンヌチャプター、定例ビジネスミーティング】
というイベントに行ってきた

水曜日の10:45-14:00、場所は銀座のちょっと穴倉のような地下会場

紀子ちゃんには、誘われた日に

「名刺を40枚以上用意して、それと40秒の自己紹介をするから
今後どういう事をしたいか、どういう人に出会いたいか などをサラッと言えるように準備してきてね」

と、宿題を出された
まず、名刺が今切れていたので

「あ、作らなきゃ!」

私は、毎回自分で紙を買ってきて、それを紅茶で染めたり
切ったり貼ったり、書いたりスタンプを押したり…

なんていう手作り名刺をどうも作りたくなってしまうので

「エッ!40枚以上!どうしましょう、間に合わないかも…」

と思っていたら

「カオちゃん、今回は、一枚づつ作るのは大変だから、
チラシでも作るように書いてそれをコピーする感じではどう?」

と、この時点では当然のような提案を紀子ちゃんがしてくれたので
私はB5ぐらいの大きさの紙に
ダイルクロコダイル氏と、レイジーメイドのキャラクターを描いて
名前と連絡先、覗いてほしいサイトのアドレスなどを記して
それを50枚コピーした

もう1つの宿題、人前で話すこと…

これは苦手、40秒の自己紹介?!?!?
あー、最も苦手なこと…

でも、しょうがないから、これは練習するしかない

40秒!難しい、閊えてしまったら40秒はすぐ終わってしまう…

私は、頭の回転がノンビリしているので、本当にパブリック
スピーキングは苦手!  自分で何を言っているのかわからなくなってしまうし
話している前後はひっくり返り、迷路に迷い込んでしまうから
着地点も無く、聴く人はただ困ってしまう…と言う感じ

だから、私には、絶対に練習が必要

iPadのストップウォッチを使って、練習をしました
段々出来るようになったから、これなら大丈夫…!?

と思ったもの、本番では、余計な事を喋っちゃって
《今後やりたいと思っていること! どういう人と出会いたいか?》
という肝心要を、いう時間が無くなっちゃいました

ところで、私は、かつて一度知り合いに誘われて
異業種交流会なるものへ参加したことがあったけれど
それは、パーティー形式で、飲んで食べながら名刺を交換する
というよくあるイベントでした

紹介し合える様に、オーガナイズされていなかったので
たまたま目が合った人や、隣に手持ち無沙汰に立っていた数人
としか話すことが出来ず、せかっくお金を払って行ったのに
なんの成果にも繋がらず

異業種交流会には、誘われてももう参加しないぞ!
という気持ちだけが残ったのでした

だけど、今回のミーティングには驚きました!

大変よくオーガナイズされていて、ゲスト参加の私を、始めから終わりまで
気持ちよく仲間に入れてくれました

そして、ゲストが会員全員と話ができるように、紹介者が次から次へと
ゲストを皆んなに紹介出来るような流れが作られているのです

私の紹介者紀子ちゃんは
相手と私の共通項をそれぞれ考えて、紹介してくれるので
名刺を交わしてからも、話の動きが早く
今回は初めて出会った人たちの中で数人と
次のステップへと繋がることができてしまいました

紀子ちゃんはあぶそる〜とロンドンの編集長と私を合わせてくれた人でもあり
「この人とあの人が出会ったら、なにかおもしろいことがおこりそう!」
と言う思いで、活動している素晴らしい人なんだけれど
このBNIという団体が正しく紀子ちゃんのその思いと同じ!

残念ながら、毎週参加しなければいけない、という結構厳しい規則があるため
(厳しい規則があるから、このチームは、しっかりと動いている)
私は、正規の会員にはなれないけれど、もし東京に定住していたら
私も是非参加したいと、久しぶりに思った面白い団体だった

色々なカタチで色々な人達が出会いを作って
動いている、そういえば今年になって突然
中高年の婚活パーティーで知り合った人と結婚してしまった友人もいた!

出会いを求めて皆んな動いているのだ!

私は去年、動画を学びビジネスにつなげる
という趣向のインターネットスクールに入ったのだけれど
そこでの出会いは、流石にネットの力
アメリカ、カナダ、中国、韓国、オーストラリア、スペイン、フランス
に散らばっている人達と繋がった

地球のあちこちに散らばっている彼らとは
勿論インターネット上でのお付き合いだけれど
ほぼ毎日のチャットを通じて、今では仲間意識の強いチームに育っている
そして、楽しく情報を交換しあい助け合い
プロジェクトを組んで動き出している貴重な仲間に育ってきた

出会いは、私の世界を広げてくれる

前に1つの出会いによってどんなことが派生していくか
ここで書いたことがあったけれど

これから5年、10年前、20年、30年経ったときに
先日のミーティングで初めて出会った素敵な人達と
果たして私は、繋がっているのだろうか?

直接には繋がっていないかもしれないけれど、もしかしたら
その人の知り合いの知り合いの知り合いの…とずっと先に繋がっている人と
私は、繋がっていて、ドキドキする仕事をしているかもしれない!

あ、でも30年先だともう90歳近いじゃない!

96歳で現役のカッコいいおばあちゃまのお話しをさっきTVでやっていたし…
私もそんなことになっているかも…

先日の出会いで、これから何が起こるのか考えると楽しくなる
明日出会う人と、これからどんなことが起こるのか、想像すると楽しくなる

さあ、みんな!
楽しい出会いの連鎖をドンドン起こしていきましょう~~!!!

th_Roppongi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【きょうのヒント】
場所は六本木ヒルズのウェストウォーク

私は、東京に戻るとここの4階の歯医者さんに通っているので
このcaféは、時々使うのです
つまり歯医者さんが分かったら、すぐに見つけられると思う… f^_^;?

【前回のこたえ】
喫茶 有楽
台東区浅草橋1-2-10

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す