底なしのふわふわキラキラした万華鏡の沼にしか落ちてないような会話

0

cafevisit


Kと、チャットをしてしまった!  気がついたら30分以上!
私は、SNSになるべく時間を取られたくないから、FBやインスタグラムは余り観ないようにしている
だから、大事な用件以外は、なるべくメールもメッセンジャーもラインもやらないように!
と、思っているのだけれど、でもこの掟、破ってしまうことは、非常によくある

毎回何かしらの実りがあり、とても意味の深い
私にとって、とても大事なことを思い出させてくれるものがあるから
この掟も、Kとのチャットを前にすると、当たり前のように忘れてしまう
そして思い出したとしても当然のように、破ってしまうのだ

どこか、別世界、遠いい惑星で生まれて育った羊のようなKと
巡り合った私は、すごく得した気分だ

それにしてもKと私は30分上何をチャットしているのか???

掟を忘れてしまうぐらいだから
そこにはとても意味のあるものがあるのだ…
それは私にとっては、宝のようなやりとり…
底なしのふわふわキラキラした万華鏡の沼にしか落ちてないような会話
哲学的であり、科学的、物理学的を飛び越え
文学的な芸術的な破壊的で創造的な文字が湧き出るように流れている

その文字の流れを目にすると、私は「これだ!それは!」と叫ぶ
それは目からウロコどころか
年老いた大きな人魚の醜い尻尾が飛び出してきた時のように
ドキっとして、喉がカラカラに乾く

言葉のつながりには意味が全くない、ようであり実はあって
10秒間隔でアップされる文字には極度な刺激があり
時空を駆け巡る流星のごとき交差するKとの会話は
まるで夢の中で恐怖におののいて、叫ぶけれど、声が出ない寝言のように
意味が不明でしかし、その響きはおどろおどろしくリズミカルだ

そして、毎回ある時間が経つと、このチャットは
ふっと、唐突に終わりを迎える

実は、そのチャットの中に、最近ムクムクとつながって異常発生している
なにやら謎に包まれた、黒光りするようなはっきり見たいのに見えない影…
私が、探していたものを見つけたような気がした

インスピレーションというのか、確信とも言えそうな…
だけど、それはまだ影だけの存在

その影はいつか言葉になって、ぐるっと光速で地球を数周した後に
私の小さな脳の中でピカッと光って、手の先から突き抜けて出てくるのだと思う

でも、その影の実態はどうしても見えない
手の先からあともう少しで出てくる位置で
あ、止まってしまった

この言葉を、なんとか指先から引っ張り出すことが出来れば
私は今年の終わりを幸せに迎えることができるはずなんだけれど
そんなんで、その引っかかっている言葉を
指先からなんとしてでも、引っ張り出さなければ、と思って
最近、私は毎日その作業をしている

なんとなくそこにあるのは、感じるのだけれど…
今はまだ影の状態だから、目には見えない

けれどそのうちきっと出てくるはず
指の先からポロンポロン、と素敵な音と一緒に
そして、そこには新しい絵がついて…

で、あっという間に絵本が一冊できました!
というわけだ

あぁ、そんなに風に
桃を割ったら桃太郎がひょっこりと生まれてきたように

言葉と絵が私の指先からも、早く出て来てくれないかな~

kyoto cafe

************************************************

【きょうのヒント】
アンティーク屋さんの隅っこで
埃をかぶった長い時間の中でカフェタイムを楽しむ
ちょっと摩訶不思議な雰囲気のこのカフェは京都にある
2階はギャラリーで、私が訪ねた時
そこには毒を放ったような異様な世界が広がっていた
京都の人が東京っ子を、その昔は江戸っ子を
田舎者だと、バカにする気持ちがなんとなく判るような気もした2日間京都の旅
いつの日か、Miyakoは再び京都に戻るのかしら…?

【前回のこたえ】
京都市六角通新町東入玉蔵町 120-2
Coffee いのうえ

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す