貧乏性の私を受け入れよう!

0

cafevisit


ごめんなさい!と、まず初めの一言

ここもインディペンデントなカフェレストランではなくて
チェーン店です!

でも、このお店は好きなの……

この場所のこのお店は、なんだか他の場所のCとは
ちょっと違うカンジがして、すごく明るくて
(基本このお店はイタリア系で明るい)そしてとても楽しげ

この日は、このお店の近所に住んでいる友人宅を訪ねて来たのだけれど
ちょっと早すぎてまだ彼女が自宅に戻っていなかったので
ここで一杯飲みながら時間をつぶそうと思って入った

私にとって、こういう『時間つぶし』って、すごく大きなプレゼント!

なんだかんだと、いつも何かに追われている様に過ごしている私に
突然振って湧いたような……とはちょっと大げさだけど

……のんびりと、冷えた美味しいワインと
チップスをつまみながら過ごす

th_CafeVisit10

こういう午後の一時は、本当に嬉しいプレゼント!

しようと思えば、こんなこといつだって出来るのでしょうけれど

私にとっては、次のアポまでの時間を繋げるため
『時間つぶしが目的でカフェに入る』というのは、大げさだけど
やっぱり振って湧いた大事なひととき

こういう時には、少し贅沢に、ぼーっとして過ごしたいと、思っています

……だけど、それは私の憧れなの

私はつくづく貧乏性なのだろうな〜、と思う

カフェに入る時には
何か仕事をもって行く習慣がついているので
うっかり忘れて、カフェに入って
紙とペンを持っていないと気づいた時のショックと言ったら!

「あーもったいない!」って思ってしまう私は
悲しい……

さて、ペンも紙も本も持っていないで入ってしまったとき
そんなときには、どうする?
(紙がある時には、ペンを借りる時もあるけれど)

私は、周りにいる人達の、観察に入ってしまう!

一人一人をジッと観て、その人のことを色々想像するの

どんな部屋に暮らしているのか,どんな仕事をしているのか
今日は、どうして、ここに居るのか、誰かを待っているのか??
本を読んでいる人をみると、どんな本に夢中になっているのか?
勉強している人をみると、何の勉強に励んでいるのか?

……何か、いつかのための、アイディアを得るために

なんてことも、頭の片隅にあって、想像を巡らす

でも、なんだかやっぱり貧乏性なカンジよね……

本当は、こういう時には頭をなるべく空っぽにして
その時間をただ楽しむのがイイ!

目的なんてなくて、ただボーっとする、斜め向かいの人の人生を
想像するのもいいけれど
頭を使わないで、美味しいワインと揚げたての熱いチップスを楽しむだけ!

実を言えば、私はこの日、
結局はスケッチブックをバッグから取り出して
絵を描いてしまった

あ〜あ、私やっぱりダメだ、貧乏性は治らない……
と嘆いてもしょうがない!

ロンドンは、私にとって、とても刺激を受けるところだから
ワクワクドキドキする気持を大切にして、観たモノや想像したことをスケッチする!

カフェに入って
こんなふうに、していてもイイじゃない!

優雅なマダムの様に
カフェで、のんびりとエレガントな午後の一時を過ごす……

という私の強い憧れは
とりあえず、もう暫くはそこに置いておいて

「 貧乏性でもいいやッ!」

と、素直に自分を受け入れて
スケッチブック抱えて

よし、明日もまたカフェに行くぞ!

*    *    *    *    *    *    *    *

【きょうのヒント】
今日のカフェは、フルハム・ロードの大きな病院のすぐ近く
このヒント、簡単過ぎかも……

食事時には行かないで、空いている時に行くと、このカフェは気持がいい!
私は、ここに行くとなんとなくハッピーな気持になるのです。

【前回のこたえ】
Le Pain Quotidian, Canary Wharf
Jubilee Place, Unit 84, Level B4, London E14 5NY
020 3617 6631
Opening hours: 6:30-21:00 Mon-Fri,
9:00-19:00 Sat, 9:00-18:00 Sun&Bank Holiday

じゃ、又ね!

カオル

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す