第7回「日本人ボランティア仲間、増える!」

2

charity


~ 一歩をふみだそう!!  ボランティアのススメ ~

皆さんこんにちは! お元気ですか?

さてさて 今日のお話。 私の働くショップでは、現在、5名の日本人がボランティアとして働いています。

日本人スタッフが、ショップにいるだけでも珍しいのに、5人も。

なぜ?

実は、みーんな、ママ友なんです^^。

「テンコ、これ 表に飾ってきて」、マリーに頼まれた商品を手にショーウィンドウにいたところ、ふと外をみると、私をガン見している日本人が! 美人ママの、かんちゃんです。

私は「友達にみつかったなー」と思いました。ボランティアの事は、特に誰にも話していなかったからです。

しかし、かんちゃんは、いつものスマイルで手を振ってくれました。
「おっ?  意外にびっくりされなかった。。」と手を振り返し、商品を並べます。そして、店内に戻ろうと顔を上げたところが、なんと!!

かんちゃんが、最上級の「たまげ顔」になっていました。その顔に、ぶったまげる私。

・・・ガラス越しに、たまげ合う日本人・・・笑

かんちゃん、お店に入ってくるなり開口一番、「な、何してんのー!? てっきり買い物してるんだと思ったら!?」。事情を説明すると、「あぁビックリした。相変わらず、ほんっとにもう、一体何を始めるやら、、、」とブツブツ。
しかし その数週間後・・・やったーー!! かんちゃん、働き始めたんです!

曰く、実はチャリティショップが好きで、ボランティアに興味があったものの、なかなか腰が上がらなかったとか。シフトは、土曜日の午後で、9歳の娘ちゃんも一緒です。娘ちゃんはショップのお仕事をたいそう気に入り大活躍、お店の看板娘になっています(^^)

次に、語学堪能で社交的ママの、リカコさん。スーパーでの立ち話で、ボランティアの話をしたところ、「私も前から興味あったんだ。でもどのお店に飛び込めばいいのか分かんなくて、なんとなく先送りしてたんだ~」と言うではないですか!! 早速その足でお店に向かいマリーに紹介、ボランティア・スタート。(注:リカコさんは、この夏に日本に帰国され、現在は別のママさんが働いています。)

・・・という調子で、ママ友仲間の数は増えていき、5名になったのでした。

ショップでは、仕事が早く、真面目な私達日本人の存在は大変喜ばれており、マリーには、「友達でボランティアしたい人がいたら、どんどん連れてきて」と頼まれているほど^^。

今、これを読んでいて、ボランティアに興味があるけど、何となーく、腰が上がらない、という方へ。

是非是非 今すぐ、お店に行ってください。

たくさんのお店が、人手不足です。あなたを、必要としています!!

th_img_6457

申し込みは簡単です。お店に行って、「働きたいです」と言えれば、あとはスイッとすすみます。
必要なのは、ほんのちょっとの勇気だけですよ(^^)

私達5人は、一歩を踏み出しました。そして、そこに広がっていた世界。

たくさんの素敵な出会いがあります。素晴らしい体験ができます。
英国での、忘れられない思い出になりますよ(^^)。

以下、リカコさんより、ボランティアの感想をいただきましたので、ご紹介しますね。

「ボランティア初日、新しい世界に飛び込むのは緊張したけれど、テンコさんのお陰でショップの方達は皆好意的!  慣れない私に、冗談交じりに話しかけてくれて、仕事を覚えるだけで精一杯だったけど、1日目から楽しい時間だった。ボランティアを重ねる毎にスタッフの個性も、仕事も覚え、会話をしながらの仕事は楽しかった。

ショップを訪れるお客さんも、寄付を持って来てくれるお客さんもいろいろ。毎回発見があり、あっと言う間の一年が過ぎてしまった。このショップで、イギリスに暮らす様々な人種の人達の生活を垣間見ることが出来た気がする。

イギリスでは当たり前のチャリティーショップ。日本ではなかなか難しいシステムかも知れませんが、日本のもったいない精神(プラス)誰かのために精神=チャリティーショップになるんじゃないかと。
たくさんの日本人がショップの良さを知って、いつの日か日本でもチャリティーショップが出来たらなぁ。もちろん、その時にはまたボランティアしに行きます(^^)」

以上です。リカコさーん、お忙しい中ありがとう!!

ご興味をお持ちの方、どうぞ、一歩をふみ出してみてください(^^)

ということで、、
また次回お会いしましょう。ありがとうございました!

Share.

About Author

テンコ

在英14年目のロンドン在住、駐在妻。大阪府出身。家族は、夫、子ども二人(娘、息子)。専業主婦として家を美しく保ちつつ、空いた時間は好奇心のおもむくまま、興味のあることに片っ端から取り組む。奈良市女性起業の会「やまとなでしこ」ロンドン支部担当。あぶそる〜と編集長からは「ピンと来たらすぐやる課」の課長と呼ばれているほどの行動派で、講師を招いてのイベント企画なども行う。趣味はナチュラル家事、自力美容など。好きな言葉は「Life is like a box of chocolates」。

2件のコメント

  1. テンコ

    さおりさま
    初めまして! コメントを、ありがとうございます。記事が参考になったとのこと、良かったです(^o^)
    1年前からご興味があったとの事、働きたいお店が既にお決まりでしたら、是非是非、お店に行ってみて、マネージャーとお話ししてみて下さい。 ビザの種類については、私のお店では聞かれませんでした。 英語のほうも、直接お話しされるほうが良いと思います^ ^
    ボランティアは、もちろん週1日でもOKです 週末のお手伝いは、きっと喜ばれますよ!
    うーーん、楽しみですね。 またどうなったか、お話お聞かせくださいね(^o^) Good luck!!

  2. はじめまして!さおりと申します。記事とても参考になりました。私はワーホリビザ滞在で英語もまだまだなんですが、、、それでもチャリティショップでお手伝いって可能ですかね?一年前からずっと興味あったんですけど、勇気がなくて踏み出せずにいました。。。でも記事を読んで、ぜひ挑戦したいと思っています!ちなみに週末に一日だけとかでも可能なのでしょうか?

コメントを残す