ハグモミ☆究極のファミリーからだケア! → 3月19日(土)・3月20日(日)

0

th_hagumomi_banner2


「ハ、ハグモミ!?」

友人から初めてこの言葉を聞いたとき、その、なんとも面映いような響きに思わずニヤリとした笑みがこぼれてしまったのですがw そのコンセプトをよく知るにつれて、「おっ、これは面白い!」と、がぜん興味が沸いてきました。

カンタン、たのしい、きもちいい!

を合い言葉に、身近な人とお互いをモミあいっこするのが「ハグモミ」です。

このハグモミというタッチ・コミュニケーションを開発して広めているのは、「ハグモミ project」のみなさん。

th_20150509いな暮らしc「私たちは世界にほんの少しの幸せの種を蒔くために活動している任意団体です。みんなが幸せに生きるために必要なことは、いま目の前にいる大切な人を、大切にすること。手をつなぎ、ハグして、愛していることを伝え
ること……。でも、ちょっとシャイなみんなのために、『ハグモミ®』を作りました。だれもが持っている、すばらしい手のちから。
大人も子どもも、みんなが持っている優しさ。それをもっと発揮してもらいたくて、ハグモミ®プロジェクトは活動しています」

「ちょっとシャイなみんなのために・・・」というところが、ニクいではありませんか ^^

パートナー、家族、お友達同士で、感謝の気持ちや愛おしさを、
お互いのからだにタッチして、ほぐしあっていくことで伝えていく。
そこから始まる優しいコミュニケーション時間を共有するツールが、ハグモミです。

というわけで、「スウェディッシュ・マッサージ」をベースにした日本生まれのオリジナル・メソッド、 ハグモミ・ワークショップが、ロンドンにやってきま〜す!!

♡♡ハグモミの特徴とは♡♡

13-300x300① たのしく、かんたん
セルフケアやパートナーケアのメソッドは覚えるのが大変! 手や指が疲れるぅ……そんな声をよく聞きますが、ハグモミはボディワークの難しさをとりはらい、「たのしく、かんたん」にできることが第一。

② 効果を実感できる
ボディワークの基本として、効果が実感できる技を厳選して教わることができる。
その場でからだの変化を感じられるので、だれかに試してみたくなる。

③ 習慣にできる
テレビを見ながら、ベッドでごろごろしながら、ピクニックで。特別な準備もなく自然と手が動きだし、だれかをモミモミしたくなる。一度のワークショップで「習慣」になってしまうのがハグモミマジック!

基本のハグモミは 14 種類ですが、オリジナルも作れるそうですよ。一度覚えてしまうと、いつでも手が動き出してしまうハグモミ。家族コミュニケーションの改善を考えていらっしゃる方には、最適ですね♪

☆☆☆☆☆ ロンドン・ハグモミ・ワークショップ!! (英語通訳付き)☆☆☆☆☆

【2016年3月19日(土)】
時間:16:00 – 17:30
会場:North Finchley
参加料:おひとり £10 ペア £15  ご家族3名 £20(1名増えるごとに5ポンド追加、お子様は3歳以上が対象)
参加申し込み/お問い合わせ:yorozuyauk@gmail.com (Masako)
※この日はサポート体制が整っているので3歳以下のお子様を連れて来られても大丈夫です。

【2016年3月20日(日)】
時間:13:15 – 14:45
会場:Uxbridge(最寄駅:Hillingdon駅 (Piccadilly線 または Metropolitan線)
参加料:おひとり £10 ペア £15  ご家族3名 £20(1名増えるごとに5ポンド追加、お子様は3歳以上が対象)
参加申し込み/お問い合わせ:
http://healingbazaar.wix.com/events
※この日に3歳以下のお子様をお連れになりたい方はご相談ください。

お伝えするハグモミさん:鶴﨑志帆/たかむくみほ

ロンドン・ワークショップの詳細はこちら

「ハグモミ project」
http://www.hugmomi.net

 

 

th_たいことんとん

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す